(書評)14歳とイラストレーター

著者:むらさきゆきや



イベントの打ち上げで酔いつぶれたイラストレーター・京橋悠斗。彼が目を覚ますと、なぜかそのときとは違う服装。そして、コスプレ衣装に身を包んだ少女・乃ノ香がいて……
刊行されて、それほど期間を置かずに購入し、半年間も寝かせてしまっていた本書。……最近、そんなのばかりになっている……
元々、一般小説などの世界でもある専門的な仕事をしている人が主人公で、その普段の生活などの中の「あるある」的なものを中心にして物語を綴る、という作品は多かったのだけど(ミステリーでいうと、90年代の江戸川乱歩賞などは、専門職の主人公が周囲で事件が起き、その職の知識、蘊蓄を描きながら事件を解決する話ばかり。それが、その業界内での日常の謎方面へと移った、という印象がある)、最近はライトノベルレーベルの世界でもそういうのが多く出てきた気がする。代表的なのは、平坂読氏の『妹さえいればいい。』とかかな? で、本作は、主人公がイラストレーター。
とりあえずいうと、乃ノ香さん、何この女神!?(ぉぃ) 何か、もっとトンデモな方向へ行くのかと思ったら、完全に通い妻って何事!? そして、そんな状況の中での、イラストレーターの日常的なものが描かれている、という感じになるだろうか。
先に『妹さえいればいい。』を挙げたのだけど、話の内容とすると、こちらの方がマジメな感じ。『妹さえ~』の場合、小説を執筆するのに全裸で抱き合ってたりとか、ひたすらゲームしていたり、とか、そんな描写が多いのだけど、本作の場合、乃ノ香に下着姿でモデルを頼む、とか、そういう描写はあるものの、あくまでも普通に仕事をこなして、同人イベントなどに出展して……という日常を過ごしている。まぁ、イラストを描くシーンを文字媒体で、という難しさはあるのだろうけど、仕事そのものに悩む、というよりもその周辺が多いかな? と。
例えば、作中に出てくるイラストレーター・ナストキュウリ女史。気弱で、話を遮ったりするのが苦手、ということで、文字通り、同人イベントでストーカー的な男性に付きまとわれて困っている、というのが描かれる。自分は、イラストとか全く描けないけど、コミケで出展すると毎回、やってきて、色々と話をしていく人とかいるから、その状況ってすごくリアルに頭に浮かぶ。うちの常連さんは、私がおっさんってこともあってそんなに迷惑になるような人はいないのだけど、若い女性とかだったら……絶対にあると思うもの。
また、なぜ同人イベントに参加するのか? 確かに、プロではある。でも、不安定な仕事だし、また、プロである以上、好き勝手には描けない。しかも、絵は描いてナンボ。勿論、金って側面もある。かなりぶっちゃけた話だけど、そういうのを隠さずに綴る、っていうのは貴重じゃないかな? と感じる。
単純に「小説」として見た場合、乃ノ香がなぜ、そんなに悠斗の世話をするのか? とか、そういうのがよくわからないし、それほど起伏もない。そういうのは、2巻目以降に期待、ってところだろうか?

No.4401


にほんブログ村


http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5845.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  14歳とイラストレーター
  • 14歳とイラストレーター 作:むらさきゆきや 絵・企画:溝口ケージ 発行元(出版):KADOKAWA(MFJ文庫) ≪あらすじ≫ 「ラノベの挿絵は1冊30万円。税金も家賃もPC代もここから支払うんだ」フェチズムの最前線を走るプロ・イラストレーター京橋悠斗はラノベ挿絵―とくにおヘソに心血を注いでいる。類は友を呼ぶのか、周りも曲者ぞろいで…巨乳と酒が大好きなチャラ系...
  • 2017.05.30 (Tue) 20:45 | 刹那的虹色世界