(書評)愚者のスプーンは曲がる

著者:桐山徹也



不幸続きの青年・町田瞬は、大学に入って早々、やってきた超能力者(らしい)ふたりに銃で脅され、拉致されてしまう。彼らによれば、瞬は超能力者にとって危険な能力「無効化」を持っているため、殺しに来たのだという。何とか命拾いした瞬は、超能力者による組織「超現象調査機構」で働くこととなって……
第15回『このミス』大賞・隠し玉作品。
「超能力が出てこない、超能力小説」、解説でそんな言葉が書かれているけど、確かに。いるだけで、その周辺では超能力が使えないようになってしまう、というのが主人公の超能力。相手の能力を無効化、っていう意味では、『とある魔術の禁書目録』の上条当麻とかいるわけだけど、本作の場合、文字通り、その空間にいると、だからなぁ……。その中での、登場人物の掛け合いなどを描いた作品といったところか。
物語は、冒頭に書いたようなきっかけで「超現象調査機構」で働くようになった瞬。そんなとき、機構のメンバーの一人が殺害された。「アヤカに近づくな」と残して……。そんなアヤカを探る、というのが目的に話は進む。
……のだけど、例えば、聞き込みをする、とか、そういうことは半ば二の次で、物語の中心となるのは瞬と、彼が出会った面々との会話劇。一応、次の段階へのヒントみたいなものが出ては来るのだけど、あくまでもオマケみたいな感じだし。
で、そのやり取りの中でのキモとなるのは、超能力を使うには代償が必要になる、ということ。例えば、温度などを自由に操れるけど、極度の猫舌になってしまう、とか、そんな感じの。そして、瞬がいれば、超能力が使えなくなる代わりに、その代償も消える。だから、熱々のラーメンが食えるようになる、などの恩恵も得られる。その落差を利用した会話劇に力を入れているように思えるのだ。
正直なところ、物語が進展してどう、とか、そういうところはあまり印象に残らない。登場人物の個性は強いのだけど、次から次へと現れての会話劇へと突入するので逆に印象に残らない、と感じるところもある。そして、最後、アヤカなる人物について明らかにはなるのだけど、ちょっと駆け足で入れてしまった感じ。そういう点でいうと、起伏とか、そいうところではイマイチな感じがする。
でも、なぜか、会話劇とかそういうので続きが気になって読んでしまう……変な小説だよなぁ……てな感想を持った。

No.4413

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0