(書評)スマホを落としただけなのに

著者:志賀晃



恋人の富田がタクシーに置き忘れたスマホ。それが全てのはじまりだった。電話に出た麻美を気に入り、彼女の人間関係を監視し始める男。そんな頃、神奈川の山中では、身元不明の女性の死体が次々と発見され……
第15回『このミス』大賞・隠し玉作品。
作中でも出ているけど、個人情報の塊となったスマホ。そのスマホの情報が他の人間に取られてしまったら……。その辺りのスリルというのが何よりもの長所だろう。
物語は、麻美。犯人の男。そして、次々と遺体を発見する刑事たちの視点で綴られる。概要については冒頭に書いた通りなのだけど、SNSの乗っ取りとか、そういうのをいきなり始めるのではなく、徐々に、徐々に包囲網が狭まっていくような話の流れが何よりもの恐怖となっていると感じる。
フェイスブックなどへの投稿。そこに来る拍手。そして、やってくる友達申請。突然にやってくるのならばともかく、不自然にならないよう、多重アカウントを作り、一人、また一人と自分のアカウントで囲い込んでいく。読者としては、「男」の視点で、その計画などを綴られるためにそれが罠であることは理解できるのだけど、それを知らずに麻美の立場だったら……気づかないよな。
また、男視点で綴られる計画。SNSやスマホの情報を見ることで、家族関係、交友関係などを推し量ることが出来る。そして、そのことにより狙うべき相手を絞り込むことが出来る。電話が活きている、ということにより、実際には相手を殺していても気付かれない。SNSにそれらしい投稿をすることで気づかれない。そうやって数多くの「別の身分」を作り出して……。この辺りは、実際に起こりそうで非常に面白いところ。
もっとも、その犯人の人物像について、それほど掘り下げがあるわけではなく、なぜかそれだけの技術、知識を持っているというのがちょっと弱いし、その技術についても「専用のアプリで」となってしまうとちょっと都合がよすぎるかな? と思う。それに、スマホなどの情報で人間関係などをある程度、把握できるのは確かだろうけど、その中に予想外、想定外のケースとかあるんじゃないかな? というのも思う。その辺りがない、というのはちょっとうまく行き過ぎではないかと感じる。また、麻美と富田の関係にしても、犯人によって振り回された部分があるとはいえ、そんなに綺麗にはまとまるまい、と思えたり。
その辺りの欠点は気になったのだけど、個人情報の塊であるスマホ、SNSなどを悪用される怖さ。これは十分に伝わってきた。

No.4433

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENT 0