(書評)ビブリア古書堂の事件手帖7 栞子さんと果てない舞台

著者:三上延



太宰治自家用の『晩鐘』を巡り、取引に訪れた道具商の男。彼は一冊の古書を残していく。奇妙な縁に導かれ対峙することとなったのは、ウィリアム・シェイクスピアの古書と、それを巡る仕掛けだった……
一応のシリーズ完結編。あとがきを読むと、『探偵・日暮旅人』(山口幸三郎著)シリーズなどと同じく、おまけ作品集みたいなものを出す用意はあるみたいだけど。
というか、完結編というには、ちょっと大人しめだったかな? という気はする。
粗筋に書いた『晩鐘』を巡って動く大金。その資金のため、ビブリア古書堂そのものの経営にも影響が出始める。そして、その中で、栞子の母・智恵子も含めての、シェイクスピアの作品集を巡る物語が開始されていく。そして、その裏で、栞子の家、五浦の家、を巡る人間関係も明るみになり、その因縁も明らかに……。これまで、色々と「?」だった人間関係が明かされる。そういうところでは、過去の伏線の清算がされている、ということができるのだろう。
今回の物語は、栞子と智恵子という母子の関係性の裏にあった人間関係が明かされた。そして、ある意味、両者の対決ともいえるシェイクスピアの古書を巡るオークションでの戦いが描かれた。その意味では、確かに、決着ともいえる。でも……両者で対決はしたけど、完全な決着がついた、とか、逆に完全な和解をした、というよりも、それまでの関係性の中での一幕が終わった、くらいの印象だった。まぁ、栞子と五浦のほうは決着がついたけどさ(笑)
ということで、シリーズ完結編というには……と思ったのがまず思ったこと。
ただ、今回、物語の中に出てくるシェイクスピアの作品集に纏わる蘊蓄はすなおに興味深かった。
活版印刷が発明され、かつてとは違い、多くの作品が書籍として印刷され、残るようになった。これは、世界史などの授業でも習ったこと。けれども、紙というものが貴重なのは同じだし、人間だからこそ、完璧ということはない。物体としての書籍、という意味では、やはり現在のそれの方がしっかりと管理されて作られている。まして、時間の経過の中で、その書籍をどう扱うか、というところで変化も生じてきて……
こんな言い方は何だけど、シェイクスピアがどういう作品を残した、とか、そういう話ではなくて、「物体としての書籍」を巡っての話。電子書籍とか、そういうものも普及し始めている昨今だけど、電子書籍では絶対にできないことだし、それが作品の内容とは別の物語を生み出す、というのは間違いなく起こること。実は、1巻の感想で同じことを書いていたな、というのをここまで書いて思い出した。その意味では原点回帰?
ということで、シリーズ完結編としては? みたいなことを書いてしまったのだけど、なんか、こうなると、おまけ作品集的なところで実は完全な和解とか、そういうのがあるのかも、という気がしてきた。

No.4438

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-10034.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  ビブリア古書堂の事件手帖 (7)/三上 延
  • ビブリア古書堂シリーズの第7巻、「ビブリア古書堂の事件手帖 〜 栞子さんと果てのない舞台 〜」を読み終えました。 6巻までと比べると、刊行までに時間がかかった7巻でしたが、この7巻でついに物語が完結しました。 今回のメインは、シェイクスピアのファースト・フォリオです。そして、栞子さんと大輔の家系にまつわる問題。栞子さんと母の智恵子との対決。さらに、智恵子の父にあたる久我山尚大の弟...
  • 2017.07.06 (Thu) 17:21 | 日々の記録