(書評)ライオン・ブルー

著者:呉勝浩



関西の田舎町・獅子追の交番へと異動した澤登。澤登の故郷でもあるこの町の交番で、彼の同期・長原は失踪した。先輩警官である晃光に振り回されながらも、長原失踪について探る澤登だったが、そんなある日、街のトラブルメーカーでもある男・毛利の家が火事となり、彼の遺体が発見される。毛利は、失踪前に長原と接触していたことを掴むが……
なんというか……エラく暗い……
とにかく、物語とつつむのは、常にドロッとした澱んだ空気感とでもいうべきもの。主人公の澤登は、かつて、高校野球のエースとして甲子園にも出場した過去がある。しかし、そこで1ストライクも取れずにノックアウトされ、そのことですべてを失い、地元の恥であるかのような扱いを受けた過去がある。それは今なお、周囲からの嘲笑として残っている。また、そういう過去が、澤登と家族の間の溝としても残り、父の病をきっかけに兄との間にも冷たい風が吹いている。
そして、獅子追という街の特徴。田舎町。街の中には、独立系の弱小だが、歴史はある暴力団が仕切り、その影響力は獅子追交番にまで及んでいる。警察と暴力団はなれ合い、そして、町の開発計画について、合併についても思惑が飛び交っている。田舎を舞台にした作品っていうと、人情味がどうのこうの、みたいな話も多いけど、世界が狭いうえに利権やらも常に人間関係に付きまとう。こういう面がある、っていうのも事実で、その部分は上手く切り取っていると思う。
そんな雰囲気の中で、起きた毛利の死。さらに、暴力団組長が殺害され、そこからは失踪した長原の持っていた拳銃と思しきものが……と連続事件が発生する。
……のだけど……その後がなぁ……
(ネタバレ反転)
実は連続殺人の犯人は語り部たる澤登だったと後半に入ったあたりで判明する。その動機は、失踪する前、長原が被害者を殺そうとしていたから、という。ただし、なぜ殺そうとしていたかはわからない。
語り部が犯人、というケースがなしとは言わないけど、一人称視点で書かれているのに……というのでちょっと唐突感を感じる。しかも、警察学校時代、死すら考えていた自分を救ったのが長原だったから心酔した、とは言うだけであまり詳しく関係が掘り下げられておらず、どうにもその理由に納得しづらい。完全にサイコパスそのものになってしまっている。

(ここまで)
どんよりとした物語が悪いとは全く思わない。雰囲気づくり自体は良いと思う。
ただ、流石にこの終盤から流れは無理があるように思えてならなかった。

No.4452

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0