(書評)難民探偵

著者:西尾維新



就職活動に失敗した結果、家賃滞納でアパートまで追い出された窓居証子は、祖母の勧めで人気推理作家の伯父・京樹の雑用係をすることに。そんなある日、叔父の携帯にかかってきたのは、京樹の友人・根深陽義を保護しているので迎えに来てほしい、というもの。根深は、元警視という肩書を捨て、ネットカフェで暮らすようになった「難民探偵」。そして、その根深の寝泊まりしていた隣の個室で大手出版社の専務が殺された、という事件があって……
ということで、証子が、根深のアシスタント(?)として、ネットカフェで起きた事件を調査する、という物語。なのだけど……こういっちゃ悪いけど、話としては、短編でやるべき話だよな、と素で思った。なんというか、殺人事件の謎解きについては、最初から容疑者は2人のみ。そして、その決め手とかも、ほんとうにちょっとしたこと。その間を、学生時代がどう、とか、作家という生活がどう、とか、金銭感覚とか、そういうもので多く占められる。
とりあえず、謎解きについての部分で言うと……
先に書いたように容疑者は2人。一人は専務の秘書であった人物。しかし、彼は、専務のことをよく思っておらず、「ころされて当然」と言い放つ。一方の容疑者は、強引にリストラを進めた専務の右腕と言われた人物で、のちに自身もリストラされた人物。しかし、彼は「殺されるような人物ではない」という。事件の現場は京都のネットカフェ。一方で会社は東京。土地的には秘書。しかし、東京に住む彼が? それとも、京都に住むもう一人?
正直なところ、犯人特定のカギは、警察の見落としじゃないの? ってところはあるし、それ以前のどちらが? という揺れ動きにしても、根拠というよりも「心証」というところなので……どうにも弱い感じがする。
一方、その途中に挟まれる話はどうか、というと……。ある意味で、大学在学中にデビューし、その後、退学するも人気作家としての地位を保っている著者の独白的な部分もあるのかな? というのは思う。勿論、作中であるように、金銭感覚とかがおかしくなる、っていうのも程度問題だろうけど、でも、普通の大学生から人気作家になって、で生活とか大きく変わっただろうしな……とか、そういうのを考えると。
まぁ、著者の作品としては外連味に欠けるところはあると思う。また、掛け合いとかで尺を稼いでいるけど、物語シリーズなどのそれと比べるとちょっと弱い気もする。そういう意味では、やはりちょっと物足りない、って感じかな?

No.4475

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-6503.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5132.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
  •  難民探偵
  • 難民探偵 著:西尾 維新  発行元(出版):講談社 ≪あらすじ≫ 就職浪人の窓居証子は、祖母の助言で人気推理作家の叔父・京樹の雑用係として就職活動を続けることに。叔父に持たされた携帯電話に連絡してきた警察は、京樹の友人の根深陽義を保護しているので引き取ってほしいという。警視の肩書きを捨ててネットカフェで暮らす根深によって、証子は殺人事件の捜査に巻き込まれる羽目に。 ...
  • 2017.08.25 (Fri) 23:43 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
  •  難民探偵/西尾 維新
  • アニメ「化物語」や「刀語」の原作者として知っている、西尾維新さんの「難民探偵」を読み終えました。考えてみたら、西尾さんの作品を読むのは、これが初めてでした。(^^; 大学を卒業した窓居証子は、危機に陥っていました。就職氷河期に遭遇してしまったことも影響して、どうしても就職先が決まらないのです。周囲の友人が次々と仕事を決めてゆく中、証子だけは就職浪人として取り残されてしまいました。それで...
  • 2017.09.06 (Wed) 16:49 | 日々の記録