(書評)ひきこもり姫を歌わせたいっ!

著者:水坂不適合



歌が下手すぎてライブハウスを出禁にされるくらいに歌が下手な男子・蒼山礼人。ロックバンド甲子園での優勝を目指す彼は、ある日、特別な歌声を持つ少女・灯坂遥奈と出会う。過去のトラウマから周囲との交流を避ける彼女に対し、諦めずに声をかけ続ける礼人だったが……
第11回小学館ライトノベル大賞・ガガガ賞受賞作。
非常にまっすぐな青春小説。この作品を一言で称するなら、それで十分だろう。
あらすじは、冒頭に書いた通り。歌が下手でライブハウスを出禁になるくらいの礼人だけど、それでも音楽への夢を常に抱き続ける礼人。そんな彼が出会った遥奈。彼女にボーカルを務めてもらえば……
極度に臆病な彼女に参加してもらうため、毎日のように彼女のもとへ通い、説得を続ける。一緒にトランプをしたり、少しずつ距離を縮め、学校へ行けるようにサポートをする。そうやって、やがて、参加してくれることになるが……。本戦への出場も決まり、そこで憧れの歌手、プロデューサーとの打ち合わせで突きつけられる絶望。それは才能の違い……
当初、社会に対する立ち位置などでは正反対であるかのような二人。しかし、読み進めていくうちに、もとは同じような存在であることが明らかになっていく。そして、そんな礼人を立ち直らせてくれたのは、小学校時代の恩師である先生。そして、そんな礼人の心が今度は、遥奈を立ち直らせることになって……
「人は何にだってなれる」
なんか、先生のこの言葉、すごくいいんだよな。勿論、実際にはそんなのは夢物語だ、と言ってしまえばそういう面もある。でも、礼人の場合、バイトをして、親とぶつかりあって、というような覚悟を持っての行動。まして、絶望の中でも常に前を向いて、という姿勢は、そういう夢物語だ、という意見を知っていて、それでもっていうのを態度をもって示していると言える。
それに、礼人をサポートするバンドのメンバーである朝子とか、はたまた、普段、何をしているんだろう? と思わせながらも、ここぞ、というところでしっかりと大人としての貫録を示す遥奈の父とか、そういう周囲の人々の存在も、そこまで「うまくいきすぎ」とは感じさせない要因なのかな?
びっくりするようなひっくり返しがあるとか、そういうタイプの作品ではない。でも、抑えるべきところをしっかりと抑え、すごく読後感が良い。そんな青春小説に仕上がっている。

No.4488

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT 0