(書評)少女は夜を綴らない

著者:逸木裕



小学生のころ、同級生の加奈子を死なせてしまった、という経験から、いつか自分が人を傷つけてしまう、という不安を抱える少女・山根理子。身近な人の殺害計画を「夜の日記」として綴ることで心を落ち着ける彼女の前に、加奈子の妹・悠人が現れる。姉の死の理由を知っている、という悠人は、自分の父親の殺害を手伝うように迫る……
デビュー作である『虹を待つ少女』も面白かったけど、2作目もいいなぁ。
主人公である理子は、過去の出来事もあり、精神的に不安定。早い段階で明らかになるので、書いてしまうと、小学校のころからちょっと風変りだった少女・加奈子は、クラスメイトを全員殺す、として毒物を給食に混ぜようと言っていた。しかし、それは……。そう考えて彼女は加奈子に薬を飲ませてしまった。冗談だろう。そう思った理子だったが、実際に、加奈子は死亡してしまった。ただ、それは事故として処理されたため、事実上、完全犯罪を達成してしまった、という理子は思っている。しかし、それが彼女の不安定さの原因で……
しかも、理子を巡る家庭も複雑。かつては、仲の良い両親と兄という家庭であったが、父が急死。母もまた、精神的に不安定な状況になりつつ、働きに出て、兄は決まっていた大手企業を蹴って、安定した学校の教師の道へ。兄は優しい。しかし、兄のノートには、自分が研究したのに合致する「犯罪を起こしやすい」場所のメモが。そして、その場所で、ホームレス殺害事件が起こって……
まず襲ってくるのは、無意識のうちに自分が殺してしまったのではないか? という不安。その疑いはやがて晴れるのだが、続いて浮かんでくるのは兄に対する疑念。もしかして、兄が? しかし、疑惑だけでそれを言い出すことはできず、不安は膨れ上がっていく。一方で、悠人から迫られる父親殺害事件。悠人の家庭は悠人の家庭で、極めて問題が多く、悠人を守るためにも何かをしなければならない、という問題がある。そして、その家庭の問題はだんだんとおかしな方向へと進んでいった加奈子にも通じるものがあって……
終始不安な雰囲気で綴られていく物語。その中で、理子がだんだんと孤立していき、悠人しか身近にいない状況。そんな中での、ホームレス殺害の真相。兄の行動の真意。兄をかばう母の姿。そして、悠人の父の殺害計画の顛末……
見方によっては、完全にどん底まで落ちる結末。けれども、だからこそ、一つ、吹っ切れる形にもなって……
闇の中に見えた一つの光明。理子には、ここから上昇に転じてほしい、という思いを抱かずにはいられない結末だ。

No.4516

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0