(書評)僕の地味な人生がクズ兄貴のせいでエロコメディになっている。2

著者:赤月カケヤ



地味な教師生活をしていた村埜良二の日常は、伝説のヤクザである兄・誠一の幽霊に取り憑かれてしまったことで激変した。そんなある日、学内でも有名な美少女・茜空優妃の秘密を知ったことで、恋愛相談を受けることになって……?
一応、ネタバレにはなるんだけど、早めに判明するし、書いてしまおう。茜空優妃の秘密。それは、学園内でも不細工で、しかも、オタクということで嫌われている教師・毒嶋と恋仲である、ということ。しかし、そのことが大きな事件へとつながってしまう。
自分は毒嶋が大好き。しかし、毒嶋はある一線以上は越えようとしてこない。それは、自分に魅力がないから? そんなことで、良一は優妃から相談を受けることに。しかし、その相談を受けたことで、毒嶋は不安に苛まれ、そして……
本筋となる部分は結構、せつない。毒嶋の過去。一方で、優妃の純粋な想い。それが行き違って……という流れは悪くない。
ただ……正直なところ、これ、エロ要素、いらなくね?
なんか、とりあえず誠一に人格が入れ替わって、相談を受けるとエロ方面に走って、そこでアドバイスを受けて……みたいな展開になるのだけど、それが話の筋にあまりつながっていないような気がしてならない。この話でのエロ方面部分の描写で必要があったのは、相談を受けるためにホテルに行って……という部分くらい。あとは……話にあまり繋がっていないからなぁ……
まぁ、色々とハチャメチャだけど、何かいいようなことを言っている……気がする誠一。そして、何だかんだで熱血教師をしている良二のキャラクターそのものは良いんだよね。そして、誠一のアドバイスを受けた結果の……毒嶋先生のあまりにも報われないオチにも笑った。この辺りは、すごく良いんだけどなぁ……

No.4548

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

当記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログがありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト

COMMENT 0