fc2ブログ

(書評)はたらく魔王さま!17

著者:和ヶ原聡司



正社員登用に落ちてしまった真奧。いつも以上の神クルーっぷりを見せつつも内心の落ち込みを隠し切れない日々。そんな中、アパートでは、何やら記憶の混濁した巨大なワニ・キナンナを抱えることとなってしまった。さらに、真奧らが務めるマグロナルド幡ヶ谷店の店長・木崎の異動話まで持ち上がってきて……
どちらかというと、久々の現代日本編をガッツリを描いた印象の17巻。物語の中心としては、真奧の居場所を巡る物語と言ったところかな?
天界との戦い、という新たな目標を手にすることとなった真奧たち。その一方で、日本での居場所と定めたマグロナルドの正社員になることが出来ず、しかも、その店の大黒柱ともいうべき木崎がいなくなってしまう、という状況。千穂とすれば、真奧が日本にとどまる必然性がなくなってしまった、ということになるし、恵美とすれば、これで再び真奧がエンテ・イスラの人々の脅威になることも……。ついでに言えば、木崎に惚れている天使・サリエル(猿江)もまた、同じことになりかねない……
そんなとき、木崎は、真奧、そして、猿江を招いて、自らのある目標を説く。それは、3年後に独立する。その際のスタッフとして、二人を迎え入れたい、というもの。その木崎の申し出に対し、真奧が出した答えは……NO。その理由は……。ますます、千穂や恵美は警戒をするわけだが、真奧の真意は……
天界のことがどうなるかわからないのに、YESと言ってしまうのは無責任だ、ってもの(笑)
っていうか、最早、千穂や恵美が思っている以上に、真奧って普通の社畜状態なんだよね(笑) いや、普通に働き者で良い社会人ってことなのだろうけど、もはや、魔王がどうとかって心配するのを忘れていいくらいに。ただ、いざ出発の前に、そういうところで準備万端にして、って辺りが著者の作品の主人公らしさ、という気はする(『勇者のセガレ』もそうだし) それにしても、今回の猿江の目立ちっぷり、すごいな(笑) 木崎の異動を聞いて亡霊と化し、誘いを受けて、今度は自らの店そのものを光らせてしまう。まさに、光り輝いていた。
そして、そんな形でいざ、出陣!
と言った矢先に発動された天界の先制攻撃。
ここまでさんざん、話が引っ張られていたわけだし、そろそろ決着がついてほしい……

No.4580

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

当記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0