FC2ブログ

(書評)可愛ければ変態でも好きになってくれますか?4

著者:花間燈



ラブレターの差出人は妹の瑞葉だった。学校だけでなく、安住の地である自宅でも、瑞葉のラブラブ波状攻撃に悩まされることに。こうなったら、家出してやる! そんな中で、瑞葉の思わぬ性癖まで明らかになって……
妹、覚醒!
とは帯に出ている言葉なのだけど、文字通り、一気のアプローチ。物語は、最初こそ、ただの妹だと思っていた瑞葉が義理の妹であり、自分のことを思ってくれている、ということに戸惑う、という感じで、ある意味、少女漫画とかでお馴染みの展開なのだけど……実は妹は妹で、露出癖があるという人物で……で、素直なラブコメ展開にならない辺りが流石、というべきなのか。
これまでも、紗雪先輩が慧輝に対して結構、素直に好意を示しているシーンはあったんだけど、それと比べても瑞葉の好意の示し方はストレート。露出癖という部分を除いては、ある意味、完璧なアプローチ。一応、周囲の面々に対しては、妹ということでいる前では……って感じだけど、雰囲気で慧輝に迫っていることを示し、それに触発されて……という状況へ。
夏祭りに行ったり、合宿と称して皆で海に行ったり……とやっていることはいつも通り、って感じなのだけど、今回、これまでと比べてより、それぞれのアプロートの仕方がストレートになってきた感じがする。ただ、その中でも、この巻は妹巻ということもあり、瑞葉のストレートさが目立っていたような気がするけど……
と、同時に……匂いフェチである副会長・藤本さんが体育倉庫で迫ってくるシーンはちょっと飛びぬけている感じ(笑) 挿絵の目、明らかにイっちゃってますがな……
そんなこんなで、いよいよ慧輝争奪戦が本格化してきた感じなわけだけど……その中でどうやってまとめていくんだろう?
……あと、今回、ひっそりと登場していた「男嫌い」の生徒会長にも何か特殊な性癖があるんだろうか? とは思う。

No.4651

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

当記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0