FC2ブログ

(書評)イノセント・デイズ

著者:早見和真



田中幸乃、30歳。元恋人に対するストーキングの末、その家に放火をし、元恋人の妻と子供たちを焼死させた罪で死刑判決を受けた。凶悪犯としてメディアを騒がせる彼女は一体、何者なのか? 彼女の人生に関わってきた人々は、ニュースを見ながら彼女のことを追想する。
これは凄い。
粗筋で書いたように、物語は田中幸乃を知る人々が、その関わった当時のことを思い出す形で進展していく。そして、第1章では、事件の直後、ニュースで報じられている最中に、そして、第2章では死刑が確定し、その執行が迫る、という中で……
幸乃が生まれたときに立ちああった産科医。幸乃の義理の姉であった女性。学生時代の同級生。被害者遺族の友人。彼らの知る幸乃は決して、テレビで放映されているような、小さいころから虐待をされ、学生時代から不良行為に手を染めて……という人物ではなかった。覚悟のないままに幸乃を身ごもった母。しかし、それでも娘を大切にしたい、という思いを抱いて彼女は生まれた。そして、興奮すると失神してしまう、というハンデを背負いながらも周囲の面々は彼女を大切に思いながら暮らしていた。しかし、突然の母の死……。父が、幸乃に手を挙げたことはある。しかし、それは一度だけ。また、学生時代の彼女は、おとなしく、周囲から浮いた存在。強盗事件というのは、不幸な事故のようなもの。さらに、事件の被害者遺族は不誠実な男……
第1章で語られるのは、いかに、報道が偏っているのか? 人々の「期待に沿う」形で綴られていくのか? といったものが表に出てくる。しかし、第2章、死刑が確定したのち、幸乃の幼馴染であった弁護士が彼女を救おうとするところから物語の様相は一変していく。
第1章で綴られているように、決して凶悪な犯罪者ではないことを知る弁護士の翔。だからこそ、と動き始めるのだが、彼女は争いを求めない。ただ、その中で、一つだけ大きな動揺を見せたのは、「反省の意を何故示さないのか?」という点。それはいったい何なのか? 第1章のそれぞれのエピソードの中で綴られたちょっとした一言。ちょっとした出来事。それらが、彼女の現在を作り上げていく。そして、すべてが分かった上での彼女の結末……
「救い」
自分も、物語の感想を書くときにしばしば使うフレーズなのだけど、自分が使う場合、それは物事が良い方向に向かうとき、少なくともそこへつながる光明が見えた、というような意味で使っている。けれども、幸乃のとっての救いは……
幸乃にとって、確かにある意味、これは最高の「救い」なのかもしれない。でも、あまりにも悲しすぎる「救い」だ。

No.4652

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

当記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0