(書評)タタの魔法使い

著者:うーぱー



2015年7月22日。夏休みを目前に控えた公立高校が、生徒、教員ごと姿を消した。その後、200名以上の犠牲者を出しながらも、彼らは戻ってきた。そして、生き残った生徒たちは、事件に絶望することなく、将来へ向け努力を続けることとなった。本書は、後に「ハメルンの笛吹事件」と呼ばれるそれは、どのようなものだったのか、生存者たちの証言をもとに綴ったものである。
第24回電撃小説大賞、大賞受賞作。
冒頭に書いたように、物語は、「ハメルンの笛吹事件」というものに巻き込まれた生徒たちの証言により、その時の状況を再現していく形で綴られる。
本書の感想を書く前に、他の方の感想を見ていたのだけど、確かに、作中でしばしば、「日本のここがすごい」というような描写があり、ちょっとうんざり、というのはある。また、そこでの欠点として綴られる、執筆者の主観(執筆者は、巻き込まれた生徒の姉という設定)とかが多くある、というようなものがあるのだけど、それも確かに、と感じた。
ただ……それを含めて、私はこの作品の狙いじゃないか、と感じる。っていうのは、実際の事件を題材としたルポとか、そういうものでも、こういうものってしばしば見かけるから。それも含めて、ルポ作品の味だと思うわけで、それを欠点ととらえるのもどうかなぁ、と感じるのだ。
で、その中で語られる「魔法使い」によってもたらされたもの。そもそもが、学校に現れた「魔法使い」は、彼らの文集に書かれた「夢」をかなえる形でその力を異世界で発言させた。しかし、夢は時に矛盾をし、例えば、「学年1位になりたい」というものをかなえた結果、成績上位者が消されてしまう、という事態が発生。また、その転移した世界は魔物などが跋扈する世界。そのため、何も知らないままに転移し、そこでの混乱の中、死亡してしまう者も。そこに対応できたのが、変身ヒーローになりたい、とかそういうふざけた夢を描いた者だった、などファンタジーならではの要素もちりばめられており、その辺の世界観の組み立て方はなかなか面白かった。
そして、そんな彼らが学校を出て、元の世界へ戻るため、転移させた魔法使いの元へ向かうのだが、多くの犠牲者を出しながらもたどり着いた先で知る、魔法使いの残虐さと、元の世界へと戻るための条件……。そういう質の悪さというのが印象に残るものの、それが冒頭で記された「将来へと向けた努力をする者が多く出た」という結果へとつながった、というのは素直に上手いと思う。
まぁ、もっと魔法使いの存在感とかが強烈に出ていても良かったんじゃないか、とか、思うことはあるものの、それも、ルポ形式で綴られた、ということを鑑みればうまく、処理しているんじゃなかろうか。
賛否が分かれるのは当然なのだけど、私は、この作品、好きだ。

No.4668

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

当記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0