FC2ブログ

(書評)妹さえいればいい。9

著者:平坂読



新人賞の受賞者たちが次々とデビューしていく中、那由多に憧れる笠松青葉もまた何とかデビューを果たす。だが、彼女を待っていたのは酷評の嵐。伊月は、そんな青葉を自らのデビュー当時のことを話し、励ますことに……。そんな中、伊月の作品のアニメに新たなる危機が。そして、京の就職活動も始まって……
ついに爆弾炸裂!
正直、最初の話で、千尋がアシュリーに「マッサージ」攻勢をかけると言ったエピソードから始まり、青葉を伊月が励まし、「お兄ちゃん」と慕われる。はたまた、木曽の孫と遊んで「お兄ちゃん」と呼ばれて有頂天になる……といった話が続く。その一方で、アニメ化に伴う新たなトラブル、放送コードとの兼ね合いなんていう話が続くので、いつも通りだな……と思っていたら……
まぁ、青葉の話についてはなるほどな、と思うところあり。憧れの作家がいる。明らかに影響を受けている。では、それが高評価につながるか? 自分がこうやって書籍感想などを書いていて、「この人の作風は、この作家に似ているな」なんて言うことを思ったり、書いたりすることもある。個人的には、だからマイナス、みたいな評価をしたことはないつもりだけど、でも、やっぱり何かの形で比較してしまう、というのはしているはず。それは、作者にとってどうなのか? そもそも、偉大なる先達がいるからこその酷評へ……そういう流れは絶対に起こるはず。自らのプライドを粉々に打ち砕かれた青葉に対し、「それでも書きたいんだろ!」という言葉は素直に格好良かった。
一方で、放送コードについては……わからんよな、と(笑) このセリフはだめで、こっちはOK。ちょっと前まではOKだったのに……とかね。一時期、テレビ東京では、実写のお色気番組やっているのに、アニメだと下着はNGとかあったし。そういうの振り回されるスタッフの苦労っていうのはそうなのだろう、と感じる。
そんなこんなをしている中で、いつも通りのTRPGをやっていたら……
この巻、色々なところから伊月が「お兄ちゃん」と呼ばれる。そんな中で、自分は実は、というのが言えなかった千尋。唯一、「妹」としてふるまえたのがゲームをやっている時だけ……。このためにやっていたのか、というのは素直にビックリした。……正直、TRPGパート、全く面白く思っていなかっただけに……
ともかく、これで話が急展開するのは確実。次巻が気になる。

No.4681

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

当記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0