FC2ブログ

(書評)幻夏

著者:太田愛



23年前に失踪した息子・尚を探してほしい。興信所を営む鑓水は、そんな依頼を受ける。その失踪した少年・尚は、警察官・相馬がかつてひと夏を共に過ごした友だった。一方、元最高検次席検事の孫の失踪事件を捜査する相馬は、現場に残されたメッセージに愕然とする。それは、23年前、尚が失踪した現場に残されていたものと一致していたからで……
『犯罪者』に登場した相馬、鑓水、修司らのトリオで綴るシリーズ第2作。
まず思ったのが、「小説として」こなれてきたな、ってことだったりする。前作の『犯罪者』も面白かったのだけど、時系列がバラバラに描かれ、その事件の整理に手間取り、読みづらい、と感じるところがしばしばあった。しかし、本作は、回想シーンとかはしばしば挟まれるのだけど、現在進行形の中で、なので時系列の整理などは簡単で非常に読みやすかった。小説としての完成度が非常に高くなった、と感じる。
で、物語は、23年前に失踪した少年・水沢尚を探す鑓水、修司と、行方不明になった元次席検事の孫を探す相馬の視点で描かれる。23年前に失踪した尚と何か関連があるのでは、という相馬の意見は受け入れられず、本部は過去に盗撮事件を起こした一人の男を容疑者として検挙する。それは、裁判官の息子。奇しくも、それは、冤罪によって検挙され、仮釈放、冤罪発覚の直後に事故死した水沢尚の父の事件に関わった存在だった……
前作の食品などの情報隠蔽とか、そういうものと同様に、今作は冤罪事件という社会問題をテーマにしているのは確か。多忙により、事務的に事件を処理していくしかない判事。強い権力を持ち、何を証拠として提出し、何を出さないか、まで決められる検事。「正義」のために犯人を自白に追い込んでいく警察官……。そのような構造の説明も勿論にある。けれども、それ以上に、事件を巡っての関係者、特に相馬、尚の想いが強く印象に残る。
幼い子供を残し、殺人犯として逮捕された父。結果、家族はバラバラとなり、尚は息子を父を凶悪犯と信じ、弟は父の存在を知らずに育った。しかし……
ということで、事件は水沢尚の事件に関わる人間が……という形でミッシングリンクが出来ていくのかな? と思ったところで、著者お得意の捻り。
物語の発端である尚を探してほしい、という依頼人・尚の母が病死。さらに、謎の印が残っていた事件は、関係のない人々の事件でも同様のモノが残っていたことが判明。尚を巡るものが事件の発端ではないのか? それとも? さらに、尚の父の死は本当に事故死だったのか? と話が急転していく。
全体的を通して、はかない少年時代の思い出、というものがベースとなり、そこに社会問題なども絡ませつつ事件が展開していく様は圧巻の一言。結末はちょっとほろ苦い部分もあるのだけど、それがこの作品の雰囲気にうまくマッチしている。
面白かった。

No.4716

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0