FC2ブログ

(書評)逃亡刑事

著者:中山七里



千葉県船橋市で発見された警察官殺害事件。苛烈な取り調べで知られ、捜査一課でもトップの検挙率を誇るアマゾネスこと高頭冴子は、事件を目撃したという少年・猛から話を聞く。そして、そこで浮かび上がった犯人は、被害者の上司である玄葉。玄葉の不正を確信する冴子だったが、玄葉の罠により、殺人の被疑者に仕立て上げられてしまって……
話そのものは滅茶苦茶に荒唐無稽。でも、楽しかった。
物語は、冒頭に書いたような形で始まり、殺人犯に仕立て上げられた冴子が目撃者である猛を伴って逃亡しながら反抗のチャンスを狙う、という話。そのために、暴力団員である山崎の協力を得て、しかも、大阪のA地区(ぶっちゃけ、西成区とか出てくるおかげで、伏字にしていてもどこだかバレバレ)の簡易宿泊所に潜伏して……
正直なところ、ミステリとしては無茶苦茶と言わざるを得ない。逆転の目を狙う、というけど、単にご都合主義なだけだし、終盤、捕まりそうになって……の脱出劇とかはギャグのようにしか思えない。警察署に迫撃砲を打ち込むとか、流石に……という感じだし、そもそもの問題として、最初から犯人が明らかで、しかも、実は……というところでも最初からこの人だろうしな、というのも丸わかりだし。そういう点では……というのはある。
ただ、一方で、冴子と猛のやり取りは面白い。
福祉施設で虐待を受け、悪ガキと言われながらも、非常に頭が良い猛。そんな彼を守ろうと奮闘する冴子。さらに、A地区で暮らす中、そこで知り合う、ホームレスたちとの交流。この辺りも、荒唐無稽と言えばそれまでなのだろうけど、ほほえましく読むことが出来た。佐古ジイとか、センセイとか、本当に良いキャラしているもの。その辺りが物語のメインになるのかな? と思う。勿論、いつも通り、話のテンポが良い、というのも長所と言える。
個人的に、著者の作品って、社会問題などを取り扱ったものは著者の勉強不足を感じてしまい、「うーん」と冷めてしまう部分が多い。荒唐無稽とは言え、それならば、そういう社会問題にタッチせず、勢いで貫き通す本作のような作品の方が素直に楽しめていいな、という風に感じる。

No.4726

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。
スポンサーサイト

COMMENT 0