(書評)空気の検閲 大日本帝国の表現規制

著者:辻田真佐憲



検閲は良くない。戦前、日本では厳しい検閲が行われ表現の自由は大いに制限されていた。そのようによく言われる。しかし、では、実際、どのような形で、どのように規制がされていたのかはあまり議論に上らない。1928年~45年の間の、検閲についての歴史を紐解くことにより、その実態を考察した書。
著者が序章でいうように、確かに、「検閲はダメ」というが、じゃあ、それがどういうものなのかよくわからない。そんな歴史について興味深く読むことが出来た。
まず、規制の事例。当初は、エログロから取り締まられる。勿論、露骨な描写がダメ、というのはわかる。だから、出版する側も、それを見越して対策をする。例えば、伏字などを使ってその言葉が出ないようにする。それも、一文字、二文字くらいのものではなく、何十文字も伏字が続き、最早、読んでいる側は何が何だかわからないものまで現れる始末。しかし、検閲する側は、そういうものを数多く読んでいるプロ中のプロ。それを読んで、何が掛かれているのかを察し、発禁処分をしていく。……なんか、ここまで来ると高度すぎて逆に気持ち悪いくらい(笑) また、そういうプロたちの感性なども結構、影響していて、著名な評論家の文章か、と思うような感想をつけ、「でもダメ」みたいなものもあったりする。ある意味、牧歌的なのだけど、曖昧さを含めたものである、というのがよくわかる。
そして、そんな検閲は戦争に向かう中でだんだんとその方向性を変えていく。国体の維持とか、そういうところが主眼に移っていき、例えば、「天皇陛下」を「天皇階下」のように似た文字の誤植をしたから発禁とか、そういうことが起きるし、また、戦況が悪化していく中で、国体批判を引用し、それを批判するようなものまで規制が強化されていく。そういう歴史は、まさに時代の変化の象徴と言わざるを得ない部分なのだとわかる。
ただ、そこだけを取り上げると、冒頭に書いた「厳しい検閲で」ということになるのだろうが、一番のポイントはタイトルでもある「空気の検閲」という部分。つまり、書籍として出版をする場合、多くの金が必要で、発禁になれば当然、それは大赤字という形になってしまう。そこで著者や出版社は、それまでの検閲の結果などを見て、「こういうものは大丈夫」「こういうものはアウト」という傾向を見て、自ら自主規制へと走る。さらに、戦争が激化していくと、大手のメディアは、政府とつながり予め「これは大丈夫か?」とお伺いを立てるような特権を手に入れることに。しかし、それは同時に、政府に反抗したら……ということも意味し、自らの色を喪う形になっていく……。そもそも、検閲官は多くいるわけではないのだが、そういう形で、まさに「自主規制」という形で自ら表現の幅を狭めていった、というのはまさに「空気の検閲」と言えるだろう、というのに素直に納得した。
で、本書は当然、戦前の規制になるわけだけど、近年の動向を見ていると、それに近いものがあるな、と感じずにはいられない。例えば、エロ漫画などで、モザイクなどをつけていたけど、それが薄いから、と司直の手が入る。そうすると、出版各社はそうならないよう、「自ら」そういう規制を強化していく。最近では、別にエロを主眼にしたわけではなくて、エロ描写から、漫画の表現技法の変遷を考察した『エロ漫画表現史』(稀見理都著)が、有害図書指定されてしまう、なんていう事件もあった。こうなると、主眼が違うけど、そういう描写がある、というだけで出版が難しくなってしまうだろう、ということが想像に難くない。勿論、これはメディアの体質とか、そういう問題も含んだ話なのだろうけど、「検閲」というものがどういう性格を持っているのか。そんなことも考えさせる一冊だと思う。

No.4749

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0