FC2ブログ

(書評)青春失格男と、ビタースイートキャット。

著者:長友一馬



高校入学のその日、野田進は桜の木から落ちてきた少女・宮村花恋と運命的な出会いを果たす。彼女に告白され、誰もがうらやむ高校生活を……という状況だったが、進の気持ちは晴れない。そんな進にエキセントリックな天才児・西條理々は言う。「あなたは、青春不感症なんです」と……
第30回ファンタジア大賞・審査員特別賞受賞作。
なんか、わかるようなわからないような……。そんな感覚を覚えながら読んだ。
主人公の進は、「青春不感症」と言われるような存在。具体的にどういうことか、というと、クラスメイトとおしゃべりなどをする。はたまた、可愛い少女と恋愛をする。多くの人が「青春」として楽しむ、謳歌する、ということを面倒くさい、という風に感じてしまう。友達とのやりとりをしても、それほど楽しいと思えないし、むしろ、そのような行動でのアレコレにわずらわしさを感じる。そんな進について、理々もまた同じ。そして、だからこそ、そのような関係を断つ「楽園追放計画」を実行していくことに……
そんなこんなで、理々の指示などもあり、周囲との関係を断とうとしていくのだけど、その指示はそもそも無茶なものが多いし、また、実際にそれを実行できずに関係を断つことが出来ない。
この辺りについては、理解できる部分はあるんだ。自分自身が、人間関係面倒くさっ! と思っているような人間だし、それこそ、金があるなら今すぐ隠居したいと子供のころから思っている人間だし(笑) そして、じゃあ、関係を断つ、と言ってもそれで生まれるイザコザもまた面倒くさい。中盤くらいまでは、理々のヘッポコな指示と、それが空回りするというコメディタッチで綴られ、やがて、二人での逃亡劇へ……
話として、やや消化不良な部分はあるのだけど、人間関係に積極的になれない、面倒と感じる状況。そして、しかし、断つことも出来ない、という息苦しさなどは非常にリアリティがあり、共感しながら読むことが出来た。
……という風に書くと、ちょっと暗めの青春モノっぽいんだけど……
そこにしばしば入る変態性のおかげで、どうにもカラーが違ってしまっているんだよな(笑) カラーイラストとかでは、理々の脚や腋を舐めるシーンが入り、実際、作中でそれを甘美だ、と綴られるシーンが何度も挟まる。私は、そこには共感できんぞい!(笑) 先ほどまで、主人公に共感しながら、と書いたのだけど、この部分を加えると、単に特殊性癖な人が、普通の人との関係を断って、自分だけの楽園を作る、っていう話にも思えてしまうから。
……どっちの物語なのだろう?

No.4764

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0