FC2ブログ

(書評)86 エイティシックス Ep.3 ラン・スルー・ザ・バトルフロント・下

著者:安里アサト



レギオンによる電磁加速砲攻撃はシンのいる連邦軍前線に壊滅的な打撃を与え、レーナの残る共和国の最終防衛線を吹き飛ばす。進退窮まった連邦軍は、シンらエイティシックスの面々を電磁加速砲搭載レギオンの懐へ、つまり、敵のど真ん中へと突撃させる、という作戦を立案する。そのような中にあって、シンの様子が……
比較的、平穏な2巻から、一気の激戦へという第3巻。
何というか、まず最初に感じるのが、エイティシックスの置かれた状況。前巻では、彼らにはちゃんと教育を受けさせて……そういう大人たちの思惑があり、しかし、それを断ったシンたち。そこにあったのは、彼らの誇り。その一方で、大人たちの側の思惑がここで表に出てくる。このままでは敗北は決定的。それを打開するには、玉砕覚悟の突撃しかない。それをやらせるのに適しているのは……。理想と現実の間というこの辺りの決断というシビアさはこの作品らしい。
そして、その中のシンの様子。それを察知するのが、マスコット的な存在であるフレデリカ。
帝政から共和制へと移行した連邦の中、その王族として持て余された存在である彼女。だからこそシンの心情を推し量ることが出来る。否応なく戦いへと駆り出された共和国時代。そんな彼を支えていたのは、自らへの誇りと、レギオンに取り込まれた兄を討つ、という目的。だが、その目的を果たした今……。フレデリカもまた、自らを支えた騎士・キリヤを討ちたい、という思いを抱き、しかし、それ以降は……という思いを抱いているだけに。
文字通り、死地へ向かうように無茶な戦いを続けるシン。その中で出会ったのは……
ここで1巻のラストシーンへと繋がるか……。
偶然に再会することが出来たレーナ。自分がシンであると知らないレーナは、ここまで自分が生きてきたのは、シンの存在を追ってきたこと。それが誇り。そんなレーナの存在が……。ここまでの、シンの存在が、レーナを支えていた。そんな追われる存在がこんな状態では……。勿論、戦いの激しさとか、そういうところはあるんだけど、いや、そういうところがあるからこその、誇り、目的、そういうものの強さを感じさせた。

No.4771

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0