FC2ブログ

(書評)地球最後のゾンビ NIGHT WITH THE LIVING DEAD

著者:鳩見すた



全世界を襲ったゾンビパンデミックから5年。人類がほぼ全滅した東京を旅する少年・ユキトは、「死ぬまでに達成したい10のこと」を達成すべく旅をする少女・エコと出会う。「ゾンビ化していないゾンビ」であるエコ。彼女の死を見届けるため、共に旅立つユキトだったが……
無理にジャンル分けをする必要はないと思うのだけど、旅モノ、終末モノとでも言えばいいのかな?
読んでいて「生きる」っていうことを感じさせる物語だなぁ、と感じる。
冒頭に書いたように、ある時、世界同時多発的に発生したゾンビパンデミック。人類は多くが死に絶え、それを食らっていたゾンビたちも腐りきって、世界から消えていた。残った人々は、再生を、と言いつつもそれは上手くいかず、荒廃した世界が成立していた。そんな中で、旅をすることになる二人。
目の前で仲間を喪い、半ば死に場所を探して旅を続けるユキト。ゾンビになりつつも、それをロスタイムのように感じ、生前、「やりたかったこと」リストを埋めていくエコ。二人の価値観の違い、そういうものは確かにあるのだけど、その中で互いのことを知り、それを尊重していくようになっていく……。とにかく、エコのキャラクターが光る。天真爛漫で、無茶なことも言いつつ、ユキトを引っ張って旅をするエコ。でも、そんな彼女の、天真爛漫さの裏に隠された決意。だんだんと、そんなものが見え隠れし、つらい過去を背負いながらも、基本的には優しいユキトが叶えていく様は優しさを感じさせる。また、農家のおばちゃんとか、ちょっとしたところで出てくる脇役たちも良い感じ。
そんな物語だから、だんだんとエコの身体が……という方向で行くのかな? と思ったら思わぬ陰謀があったり、とちょっと予想外ではある。でも、その結末はやっぱり、好きな形になった。そして、その中での二人のやりとり。それを含めて、やっぱり、「生きる」ということへのメッセージが綴られているんじゃないか、というのを思う。考えてみると、著者のデビュー作も、極限状態のサバイバルとかがあったわけだし、そういうところは共通しているのかな? と思う。

No.4789

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0