FC2ブログ

(書評)六人の赤ずきんは今夜食べられる

著者:氷桃甘雪



過去に犯した罪を恥じ、各地を旅する猟師の私は、ある日、訪れた村で、奇妙な事件が起きていることを知る。それは、森には秘薬を作ることが出来る「赤ずきん」たちが住んでいる。年に1度の、赤い月の夜、彼女たちはオオカミの化け物に食い殺される、というもの。決して救おうとしてはならない、という村人の警告を無視し、少女たちを守ることにする私だったが……
第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。
なんか、ライトノベルレーベルじゃなくて、講談社ノベルスとか、その辺りのレーベルでも出てきそうな作品だな、という感じ。
物語は、冒頭に書いたような「秘薬」を作ることが出来る少女(赤ずきん)たちを、オオカミの化け物、ジェヴォーダンから守るために戦う、という物語。オオカミの化け物、という風に言われているが、しかし、人間以上に思慮深く、こちらの思惑を見破って攻撃を仕掛けてくる存在。一方、赤ずきんの作る秘薬は、例えば、物体を透明化させることが出来る。匂いを消すことが出来る。他の生物に変身できる。モノを破壊できる、などという効果がある。そして、それを上手く組み合わせると、より、相乗効果も発揮することが出来る。襲い掛かる強力な敵を前に、それらを駆使し、となるのだが……
そんなパニックホラー的な展開から物語が始まるのだが、だんだんと見えてくるのは、その赤ずきんたちの中に「裏切者」がいる、という事実。明らかに、何者かがジェヴォーダンを誘導している形跡が見える。さらに、それを裏付けるように、ジェヴォーダンを作った魔女が赤ずきんの中にいる、という手記まで見つかって。強大な敵の攻撃を防ぎながら、しかし、同時に裏切者を探さねばならない。しかも、裏切者を探せば探すほど、赤ずきんたちの中の疑心暗鬼が高まっていって……という緊張感はなかなか読ませるものがある。
で、その裏切者探しが、この設定を存分に生かしたものであること。そして、しっかりと論理的な解決がなされる、という点も評価したいところ。ちゃんとヒントをしっかりと提示して、その上で謎解きをしているんだよね。そういう意味では、本格ミステリとしての味わいもある作品といえよう。
正直なところ、最後に明かされる主人公の正体については、こじつけた感はあるのだけど、テンポの良さとか、そういうものがよく、最後まで楽しめた。面白かった。

No.4791

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0