FC2ブログ

(書評)螺旋の手術室

著者:知念実希人



純正医大付属病院の教授選の有力候補である冴木真也が、手術中に不可解な死を遂げた。その手術にも関わった息子の裕也は違和感を覚え、父の死の謎を探ろうとするのだが、そんなとき、同じ教授選に出るはずだった他大学の教授も不可解な死を遂げていたことを知る。さらに、父の手術を執刀した教授もまた、不可解な死を遂げて……
『ブラッドライン』の改題作。
自分自身は、『天久鷹央の推理カルテ』シリーズから著者の作品に入った人間で、初期の作品というのは読んでいなかった。本作は、そのデビュー2作目にあたる作品なのだけど、そういう出自の作品らしく、色々と詰め込んできたな、というのをまず最初に感じた。
冒頭に書いた粗筋だと、主人公は裕也ということになるのだけど、物語としては、もう一人、裕也の妹・真奈美も主人公と言える。幼いころから、兄弟に、医者になれとだけ迫り、反発していた二人。裕也は、そんな父を憎み、だからこそ、父以上の医師になるんだ、と同じ道を歩み、真奈美は父と全く違う道を選んだ。しかし、そんな真奈美にとって、兄は、父と同じ道を歩んだ裏切者として感じていた……というのが前提。真奈美は、妊娠しており、間もなく結婚を迎えるのだが、その義母は、彼女を毛嫌いしていて……
父を超えるんだ、という思いを抱いていたからこそ、手術結果に納得がいかない裕也。そこで、調べるのだが、父の手術の際、薬物により、血液が凝固しないような状態になっていたことを知り、殺人と確信する裕也。それは教授選を巡って? しかし、次々と不可解な死を遂げていく関係者。その中で生き残っている最難関医大の准教授。そして、同じく、その事件を調べていて、不審死をした探偵の残したメモ。そして、その死の際に聞こえた「狐憑き」という言葉の意味……。それに加えて、真奈美と婚約者、その母親との関係……と、まぁ、本当に色々と詰め込んだものだ、という感じ。
次々と判明する連続殺人。父も関わっていた教授選の候補者たちが抱えていた爆弾。そして、探偵の残した謎のメモの意味。それは、裕也自身にも関わってくる秘密で……
なんていうか、この辺りの流れって、90年代の江戸川乱歩賞作品とか、そういう雰囲気がある。その当時の作品もそうなのだけど、仕事をしながら、なんだけど、途中から仕事をサボってない? とか、そういうのも含めて。専門用語とか、そういうのはわかりやすく説明されているし、色々な謎で引っ張って、しっかりとまとめる辺りは良いのだけど、同時に詰め込みすぎな感じ故の無理矢理さ、というのも感じる。その辺りも含めて2作目ゆえの気負いとか、そういうのがあったのだろう。

No.4794

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0