FC2ブログ

(書評)探偵AIのリアル・ディープラーニング

著者:早坂吝



密室で、不可解な死を遂げたAI研究者の父。高校生の輔は、父が、探偵の「相以」と犯人の「以相」という双子のAIを作っていたことを知る。相以は、父は、以相を奪おうとしたテロリスト集団・オクタコアによって殺されたことを告げる。輔は、相以と共にオクタコアを追うことになるが……
という形で始まった連作短編形式の物語。
物語としては、オクタコアのテロリストが起こした事件を、輔と相以のコンビが解決する、という形になっているのだけど、何というか、特に序盤は、AIとは何か? 人工知能というのは何が難しいのか? というような部分に焦点が当てられているように感じた。何しろ、第1編目のタイトルは、『フレーム問題』。これは、何か、というと、推理をする際に、何を基準として考えるのか? という問題。もうちょっと詳しく言うなら、例えば、密室から脱出するのには? ということについて、量子になって壁をすり抜けて……なんていうのは、考える必要はないことのはず。でも、そういう常識をコンピュータはもっていない。そのため、文字通り、膨大な可能性を考えてしまって……。2編目にしても同様の問題提起。ある意味、AIなどについての教科書に乗っていそうな感じではあるのだが、それを小説としてしっかりとまとめ上げていることが見事。2編目の突飛な事件とか、なるほどね、という感じだし。
そんなやりとりを通し、双子のAIは成長を続け、そして、オクタコアとの対決も大規模になっていくのだが……
この辺り、ある意味、AIと人間の関係性っていうのを示唆しているのかな? という感じがする。そもそもの発端となったオクタコアのリーダー。彼女が目指した理想。しかし、そんな彼女に従ってきた存在は、その意思に反して……。人間の思惑の通りにAIは動かないことがある。一方で、いくら優れた知見を示したとしても……。そんなAIと人間の関係性。その一方で、人間関係の中で揺れ動いた存在の行動。そういうものが、だんだんとクローズアップされていく。
多少、最後があっさりとしているかな? という感じはしたのだけど、ミステリの形をとりながら、人間とAIの関係性とか、そういうものについて想いを巡らせるようになる作品だな、というのを感じた。

No.4796

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0