(書評)ドラゴンスリーパー

著者:長崎尚志



元神奈川県警本部捜査一課の刑事・諸富が残忍な手口で殺害された。しかも、その手口は13年前に起きた未解決の女児殺害事件とそっくり。俊一は、諸富の部下でもあった元刑事の久井と共に事件を追うことになるが……。
『パイルドライバー』の続編になる作品。
前作は、普通の警察モノとかと思ったら、どんどん風呂敷が広がっていって……というのを何よりも感じて、そこに振り回された感が強かったのだけど、本作は、それよりも落ち着いた形になっていて、良くも悪くも読みやすくなった印象。
本作も風呂敷を広げる、というか、そういう要素がないわけではない。諸富が殺された残虐な手口。それは、中国系の秘密結社のやり方に通じているものもある。事件を追う俊一たちの前に現れる公安捜査官。さらに、第二の事件も発生して……。という感じで、色々と話を広げている部分はある。
けれども、物語は久井の過去とか、諸富との思い出とか、そういうものが多く描かれていく。
鬼刑事であった諸富。それは、久井と同じく、家庭を顧みないような部分が多くあった。その家に遺されていたのは、息子との生活の後。そして、現役時代は全く興味を示していないかったミステリー小説なども。さらに、13年前に起きた事件に関連した冤罪事件について、諸富はボランティアを通して支援活動をしていた。
家族を顧みず、そして、娘との関係を破綻させてしまった久井。一方、同じように家庭を顧みず、イジメ事件を通して引きこもり状態となった息子を抱えることとなった諸富。家に遺されていたのは、そんな退職後、息子と向かい合おうとしていた諸富の姿。諸富に習った捜査手法を試みながら事件を追う久井にとって、諸富の姿は自らにも帰ってくるものがある。久井の掘り下げをしながら、という感じがする。
その一方で、事件の側。諸富の行動を追いながら事件を追う中で、過去の事件が次々と関係者という絆で結びつけられていく。しかし、手口については、秘密結社のそれと似ているが……
結構、この事件そのものは壮大な肩透かしのような部分はあると思う。しかし、前作よりもキャラクターの掘り下げが進んで、そちらの面で楽しむことが出来た。

No.4809

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0