FC2ブログ

(書評)妹さえいればいい。10

著者:平坂読



明らかとなった千尋の抱えていた問題。千尋から事情を聞かされ、そのことを喜んで受け入れた伊月。それまでと変わらない日々を送ることに。『妹すべ』のアニメも好評のうちに幕を閉じ、台湾でのイベントにも参加することに。だが……
前巻で爆弾が爆発しての続き。
今回は、普段とは違い、伊月の父と千尋の母の出会いから。それまであまり語られていなかった伊月父の人柄だったり、父子関係だったりが語られる。まぁ、大体のところは予想がついていたのだけど……えーっと……千尋の母の職業がソレだとは思わなかった。そして、やっぱり、千尋が弟のふりをしたのは伊月がデビューしたから、なのかな?
で、その後については、いつも通り、というか……
勿論、千尋が実は女だった、ということもあっての戸惑いとか、そういうのは色々と。千尋が伊月をどう呼ぶのか? とか、お着換えイベントとか、そういう定番のやりとりはあるんだけど、個人的には春斗の戸惑いとかの方が印象的かな? 友達の弟。自分と同じく、プラモデルとかを楽しむ、趣味も一緒の同性の友達だと思っていたら……。その点、多少の下ネタ発言とかはあるけど、伊月って、弟だとしても大切にしていたんだな、というのを感じずにはいられない。
そんな妹関連のアレコレの一方で、京は(まともな)出版社の内定をもらう。さらに、進路について思うところのあった千尋も、「自分のなりたいものを見つける」ために大学へ行こうと決意する。そのほかに台湾イベントなどは、著者の経験談とかもあるのかな?
そんなこんなを通しての結末。
前回のラストシーンは、どちらかというと、それまで読者は知っている、という中での爆弾が、という形。一方、この巻では……
勿論、これまでの流れがあるからこそ、なんだろうけど……ここで、また、大きな挫折だよなぁ……。理想と現実。その辺りとか、色々と噴出しそうで怖い。

No.4826

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0