FC2ブログ

(書評)ピンポンラバー

著者:谷山走太



私立卓越学園。日本全国から集まった卓球エリートが集う学園。かつて、天才卓球少年と言われた飛鳥翔星は、その学園へと入学した。彼の目的はただ一つ、小学生時代、彼を唯一破った少女を見つけ出し、その雪辱を晴らすこと。だが、入学早々、彼は本物のエリートによる洗礼を受けることになって……
第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。
先日読んだ『魔法少女さんだいめっ☆』(栗ノ原草介著)もそうだったのだけど、今年の小学館ラノベ大賞はスポ根モノ的な話が多いなぁ、なんてことを読みながら思った。
中高一貫での卓球エリート校。そこに高校から、編入した翔星。いきなり、中学生時代、学年8位という生徒を破るのだが、1位の白鳳院瑠璃に敗れてしまう。しかし、その直後、その瑠璃に上級生とのペアマッチの相手になってほしい、と言われる。しかし、ペアマッチ代表となるには、学園の男女・トップになる必要があって……
そんなスタートからわかるように、故障明けというハンデを抱えているとはいえ、主人公の翔星は最初からかなり「強い」存在。その意味で、最底辺から、とか、初心者から、というような感じの物語ではない。そして、いきなりエリート同士の戦いになっていくのだから余計に。そういう意味では、へとへとになるまでの特訓というのはありつつも、俺TUEE的な要素っていうのもある。
ただ、作品のヒロインたる瑠璃が掘り下げられていく中、だんだんとその想いが伝わってくるところは見事。瑠璃姫と言われて、1年では圧倒的な強さを誇る瑠璃。しかし、姉には勝てず、姉に勝ちたいという想いに凝り固まっている。そして、そんな彼女が、翔星らと出会う中で変わって言って……。当初はただ厳しいだけ、だったのが、毒舌キャラの中にデレを感じさせるのは、西尾維新氏の『物語』シリーズの戦場ヶ原さんみたいな印象。丸くなっても、勝負に賭ける部分は変わらない。そして、いざ、姉との対決で、その想いに応えての翔星の姿は素直に熱い!
一応、ひっくり返しみたいなものはあるけど、そこは多分、バレバレ。
ただ、主人公をはじめとした面々の卓球への熱い想い。そして、卓球への愛。それらをストレートに描いた物語で、面白かった。

No.4831

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0