FC2ブログ

(書評)戦うパン屋と機械じかけの看板娘8

著者:SOW



「久しぶりだなぁ、パパだよ」 ある日、トッカーブロートに現れた男・マイッツァー。彼は、自らをスヴェンの父親と言い張るが、機械仕掛けのスヴェンに父など存在しないはずで……。そのころの王都。ソフィアは、ヒルダたちと共に、新大陸国家ノアから来た謎の将軍を出迎えるのだが……
話としては、一つの繋ぎというか、そういう感じなのだけど、逆に日常回的な雰囲気があって好きだな、これ。
物語としては大きく3つのパートによって構成。まずは、トッカーブロートでの話。
これは冒頭に書いたように、機械であるスヴェンに、父を名乗る男・マイッツァーが現れての騒動。「父です」という挨拶に本当にそうだ、と思い込んでしまうルート他、周囲の面々。勿論、スヴェンはそれに反発するものの、しかし、その反応、言動が「そっくりだ」と周囲を納得させる結果。しかも、そんなマイッツァーをスヴェンが襲撃するものの返り討ちにあってしまうほど「強い」。
一方のソフィア、ヒルダ、リーリエが出迎えることになった将軍は……ペンギン!? 一種のマスコット的な存在であり、しかも賓客扱いなので無下には出来ない。ペンギンを相手に、というある意味、無情な任務をこなすのだけど、そんな将軍を狙う存在まで現れて……。
どちらも、なかなかのカオスっぷり。前巻でルートの幼馴染的な存在であるマリーが……というのがあっての話だったのだけど、基本的には明るい話で、楽しく読むことが出来た。しかも、その中で、マリーの件もあって落ち込んでいたルートがマイッツァーの言葉により、ちゃんとスヴェンに向き合う方向へ、というのはちゃんと前作からの伏線と言えるのだろう。一方のソフィアの方は、そのまんまカオスな話。ペンギンを守る、って時点でアレだし、しかも、リーリエがそのペンギンの言葉を理解して……とか、そういう点でも。それだけに、カオスな展開が続いた先での一発はスカッと爽快感があった。
その一方で、真面目に世界観を掘り下げる形での話が、ゲーティアらが発掘していた遺跡の調査に赴くことになるダイアンのパート。こちらは、第1巻から、どういうこと? という部分のあった世界観の方に強く働きかけていて、いよいよそちらが大きな意味を為すんだな、というのを感じさせてくれる。
前から書いているけど、私自身は、このシリーズ、日常のアレコレが好きなだけに、その意味でも楽しかった。

No.4833

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0