FC2ブログ

(書評)ヴィジュアル・クリフ 行動心理捜査官・楯岡絵麻

著者:佐藤青南



催眠商法によって似非健康商品を売りつける「ご長寿研究所」の店長が殺害された。その現場の近くで、別件で指名手配されていた男の目撃がされているものの、絵麻はそのことに違和感を覚える。そして、その捜査の過程で浮かび上がったのは、行動心理学の専門家で、絵麻の恩師・占部亮寛で……
シリーズ第6作。今回は長編。
これまでは、基本的には短編形式で、絵麻が演技の専門家だったりの嘘を見破って追い込んでいく、という話なのだけど、今回の敵は絵麻の恩師であり、そのようなことを知り尽くしている相手。何しろ、冒頭から、目撃者たちの記憶を上手く操作して、別の人間を……となるから。そして、いざ、絵麻との対決になると、薬を使うことで、そのなだめ行動を隠蔽してくる。
作中、そもそもの被害者が催眠商法をしている存在、ということもあり、行動心理学に関する蘊蓄などが多く、その中でのアレコレに多くの分量が割かれている。そして、そんな形で物語が進んでいく中で出てくる恩師・占部の言動への違和感……
占部は生活圏を転々としていた。その生活圏は、短期間で出店し、そして、撤退する「ご長寿研究所」の店の近く。中には、その常連となった老人の洗脳を解く、などの行為もしていた。しかし、自身はその「ご長寿研究所」の上得意客として、数多くの金を使っている。催眠商法のやり方を熟知している占部。しかも、洗脳を説くなどしていることから、知っていて敢えて、というのがわかる。それは何故なのか? そして、浮かび上がってくるのは、一人の女性店員をひいきにしていたこと。老いらくの恋? しかし、そこにも違和感が残って……
流石は、行動心理学の専門家、と言ったところか。周到に、何重にも仕掛けられた罠の多段構造はなかなか見ごたえがある。絵麻の過去とか、そういうところも読みごたえのあるところだし、珍しく、西野が活躍していたし(キャバクラ通いが捜査に役立つとは!) そういうところは長編ならでは、といったところじゃないかと思う。
多少、心理学の蘊蓄話などが多く、ちょっとテンポが悪い、と感じた部分も無きにしも非ずではあるのだけど、それでも楽しく読むことが出来た。

No.4839

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-6511.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  ヴィジュアル・クリフ 行動心理捜査官・楯岡絵麻
  • ヴィジュアル・クリフ 行動心理捜査官・楯岡絵麻 著:佐藤 青南 発行元(出版): 宝島社 ≪あらすじ≫ 似非健康商品を売りつける「ご長寿研究所」の店長が殺された。別件で指名手配中の男が現場付近で目撃されていたが、絵麻は違和感を覚える。そして新たに捜査線上に上がった人物は、行動心理学のかつての第一人者で絵麻の恩師・占部亮寛だった。店の常連客らしい占部。絵麻が聴取に行く...
  • 2018.08.19 (Sun) 12:25 | 刹那的虹色世界