fc2ブログ

(書評)連続殺人鬼カエル男ふたたび

著者:中山七里



埼玉県飯能市を恐怖のどん底へと誘った「カエル男連続猟奇殺人事件」。それから10か月。千葉県松戸市の家が爆破され、粉砕・炭化した遺体が発見される。稚拙な声明文と共に。その家は、事件を担当した精神科医・御前崎教授の自宅。10か月前の事件のカエル男・当真勝雄の関与が疑われる中、その事件を担当した埼玉県警の渡瀬と小手川は、事件の捜査に協力することになるが……
タイトルからわかるように、『連続殺人鬼カエル男』の続編にあたる作品。物語として、前作の内容がそのまま前提となっているので、本作を読む前には必ず、前作を読んでほしい。……まぁ、このタイトルでいきなり手に取る人はあまりいないと思うが。
正直なところ、いつも通りの著者の作品、という評価なんだよな……
純粋に物語として評価するのであれば、読者を引きずり込む力は素晴らしい。冒頭の爆破事件。衝撃的な事件で読者の興味を引き、さらに関東周辺で次々と発生していく事件。ただ、名前が該当していれば、というだけで標的にされかねない、という事件に人々は恐怖におののく。そんな形で広がっていく様は圧巻だし、前作ではちょっと長くて冗長にも感じられたバトルシーンがなくなり、代わりに渡瀬の半ば強引な捜査手法とかを描くことで、物語のテンポも良くなっている。この辺りは、著者の作家としての腕が上がっているな、というを思わずにはいられない。
ただ、その一方で、社会問題とか、そういうところについてのツッコミどころが多いのも。
本作のテーマとして、刑法39条というのがある。これは、重度の精神疾患など、心神耗弱の者は罰しない、というもの。そこで、「精神障碍者だから罪は許されるのか?」的に話が進むんだけど……実際の判例とかを勉強してほしい。そもそも、作中で、何の精神疾患もなかった人間が弁護活動の中で精神疾患を演じて無罪になった、というのが出てくるけど……それ無理だよ……
また、工場で濃硫酸のプールに転落し、肉体が溶けてしまった、というものがあるんだけど……濃硫酸のプールに落ちても肉体は溶けないぞ!(焼けただれて死亡する、っていうのはあるけど) この辺り、漫画か何かの見すぎじゃないの? としか……。それに、その事件も、というのだけど……真相では……。情報を集めることは出来ても、どうやって犯人がメッセージを残したのだろう? という疑問も覚えてしまう。とにかく、細かいところに、色々とおかしな部分があって、それを気にしだすと、どうにも……というところが多いのだ。前にも書いたけど、編集者とか、そういうのツッコミ入れないのかな?
読者を引き込む力は確かにある。ただし、作中で書かれている問題提起は、相変わらず穴だらけ。
最近、著者の作品の評価って、完全にパターン化してしまって悲しい。

No.4855

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0