fc2ブログ

(書評)正義の申し子

著者:染井為人



現実では引きこもりである純は、カリスマユーチューバー・ジョンとして、悪徳性休業者をおちょくる放送を配信していた。そんな配信の餌食となった鉄平は、ジョンの行方を追って……
物語の構成としては、著者のデビュー作『悪い夏』に近いかな? 物語の語り部は、純、鉄平、そして、純の妹の友人・萌花という3人。ただ、物語の大半は、純と鉄平の視点が中心。
冒頭に書いたように、引きこもりではあるが、ユーチューバーとして大金を稼いでいる純。とはいえ、家族との仲は悪く、特に妹との関係は最悪。しかも、ユーチューバーというものについて無知な親からは、早く就職しろ、というようなことを言われ苛立った日々。彼に関しては、本当、ネット弁慶というか、そういう感じではある。だから、鉄平が追いかけるところに怯えたりもするし、配信の際に被るマスクと対話する、なんていうヘンテコなことも。まぁ、全体を通せばあまり共感できるキャラではないのだけど、その辺りにいそう、とか、理解されない苛立ちとか、そういうのはわかる気がする。
一方の鉄平。ロクでもない環境で育ち、暴走族上がりで、現在は上司の西野の下、恋人の沙織、舎弟的な存在である樋口と詐欺の電話をかける日々。ところが、例の失態の上に、西野と沙織の関係で、全てを捨ててジョンを追うことに。そこに、今度は樋口が、西野から大金を奪ったことで追われる立場にもなって……。
どちらも、色々と抱えている存在。しかも、どちらも追われる立場だけど、追う立場でもある、という関係性の中、ジョンのあまりにもの情けなさに鉄平が呆れたり、はたまた、失態を重ねてもまだ逆転を狙う純がめげずに……というようなやりとりを重ねての立場の逆転の繰り返しはスピード感があって楽しい。この作品も前作同様、結構、どうしようもないメンツばかりなのだけど、そのどうしようもなさ、というのが味になっている、ということは間違いなく言えるはず。
そして、終盤。ここにきて、それまであまり話に関わっているとは言えない萌花が……となるのだけど、そこまでの純と鉄平の関係性が一気に昇華して、上手いこと着地させた、という風に感じる。前作は、終盤、もつれにもつれて、一種のブラックジョークのようになったのだけど、本作の場合、滅茶苦茶ではあるけど爽やか。そんな読後感が残る。
社会問題とかも題材としては使われているのだけど、純粋にエンタメ作品として楽しめる作品、という評価の方がしっくりくる。

No.4881

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト



COMMENT 0