FC2ブログ

(書評)能面検事

著者:中山七里



「君のような事務官は要らん。出ていきたまえ」。新米検察事務官の惣領美晴は、配属された検察官・不破に会って早々、そのような一言を告げられる。一級検察官であり、大阪地検のエースと目される不破は、どんなときにも表情筋一つ動かすことがない、「能面検事」と言われている存在だった……
ここのところ読んだ著者の作品については、個人的には当たり外れが大きいと感じているのだけど、本作については素直に「当たり」と言える作品だな、と評価する。
冒頭に書いた形で始まった物語。3か月の試用期間と言われながら始まった最初の取り調べで対峙することとなったのは、過去に少女を誘拐した、という罪での前科がある男。罪状は、少女殺害事件。文字通り、能面のような形で取り調べをする中で、ある真実に気づいて……という形なので、連作短編なのかな? と思いきや、キャラクター紹介のようなもので、そこから長編へ。
ストーカー殺人の被疑者。ここでも、おかしな点に気づき、やがてその被疑者にアリバイがあったことを発見する不破。だが、その取り調べの中で、証拠品が紛失していることを知る。そして、その紛失は、様々な警察署にあることに気づいて……
ある意味では、協力関係にある警察と検察。しかし、不正などを見逃さない、という姿勢は、大阪府警の一大スキャンダルへと繋がり、さらに、検察庁という組織でも不破を止めよ、という動きが加速する。しかし、それでも不破の姿勢は変わらない……。検察官は、一人一人が独立した司法機関である、という建前はあるが、検察庁という組織があり、本来はそこに縛られるはず。にもかかわらず、それすら気にしない不破の姿が素直に格好良い。
そして、語り部たる事務官の美晴の成長も見どころと言える。当初は、「どうしよう」という感じだったのだが、だんだんと不破の姿勢などを知り、「ま、この人は」となっていく姿。そして、不破の過去の失敗から、能面と言われるようになった経緯を知り、ちゃんと「相棒」になっていくという成長も良かった。
著者お馴染みの「ひっくり返し」要素はそれほどない。けど、それがなくとも、いや、それがないからこそ素直に、不破の格好良さ、美晴の成長というのが感じられたのではないかと思う。

No.4893

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0