fc2ブログ

(書評)あなたの健康を損なうおそれがあります

著者:作楽シン



宮田博敏、33歳、独身。ある日、最悪な合コンから帰宅し、タバコを吸っていたところ、その煙を爆発させる能力に目覚め、トイレを爆発させてしまう。ほどなく現れたスカウトマンに誘われるまま、異能力を使って人助けをする『フェノミナンリサーチ』に転職することになるのだが、その相棒と紹介されたのは、先の合コンでひたすら高い酒を飲んでいた女性で……
異能力で事件を解決する連作短編集……ってことで良いのかな?
基本的には、どちらかというと生真面目な博敏と、こちらも生真面目であるんだけど猪突猛進タイプの未澪が色々とぶつかりながら……という感じなのだけど、事件についての解決よりも、二人の掛け合いがメインな話のように感じる。いや、二人とも、真面目は真面目なのだけど、どこか抜けている、というか、色々とおかしな言動の未澪に博敏がツッコミを入れていく、というのが主になっている感じ。
いや、実際、未澪のキャラが濃い、というか、面倒くさいというか……
先輩であり、真面目なキャラではある。ただ、何かにつけて暴走しまくるし、彼女の能力というのは、酒を飲んで、水を操ったり、酔拳(?)で格闘したり……というもの。しかも、何かにつけて、博敏を下に見ようとする。そんなだから、日本酒の一升瓶をもってリサーチ先に行って「一升瓶が重い」とか、飲みすぎでグデングデンになったり……で、振り回す。でも、確かに実力があり、ここ一番で博敏も協力を頼んだり何なり……。事件解決というよりも、その振り回されながらの博敏の苦労の方が印象に残った。その辺り、社会人として経験を積んでいるからこそ、の処世術と言えばそうなのだろうけど……
もっとも言い換えれば、それぞれのエピソードのオチとかは弱い印象。もうちょっとしっかりと事件に決着がつくような形にもっていってもらった方が読み終わってすっきりするかなぁ? というのはどうしても感じる。あと、博敏のタバコの煙を爆発させる、という能力ももうちょっと活躍の機会が欲しかったかな? と。なんか、それよりも、未澪操縦術とでも言うべき部分の方が印象に残ってしまっただけに。

No.4903

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0