FC2ブログ

(書評)閻魔堂沙羅の推理奇譚 業火のホワイダニット

著者:木元哉多



シリーズ第3作。3編を収録。
何というか、今回は副題が「ホワイダニット」とあるように、動機面から、という話を中心にしたエピソードがメイン。というか、状況的に犯人はこの人だろう、というエピソードばかりだし。
1編目。昔から容姿に恵まれず、契約も切られてしまった契約社員の聖羅。その養子を憎む、そんなある夜、意識を取り戻すと身体が動かず、血まみれの母……
このシチュエーションからしても、「犯人は……」というのはある程度、予測がつく。また、動機も……。ただ、このエピソードの場合、それよりも被害者たる聖羅の心情描写が印象的。客観的にみて、自分が醜いのはわかっている。諦めてもいる。だから、真面目に働いているし。でも、そんな気持ちを逆なでするような周囲の言動に、どうしても苛立ってしまう。そして、そんな自分に嫌悪感を抱いてしまう。その辺りの心理描写が生々しく感じられた。
謎を解いての、その後。ある意味、オチをつけてのその後の人生。これが良い方に向かえば……。
この巻の中で、最もフーダニット要素が強い2編目。元市長の老人と、その妾腹の孫で、戸籍上はつながりのない孫。その子供らが集まった集まったときに……。容疑者は、老人の二人の息子と、その孫。複雑な家庭環境で、老人と息子の間には確執がある。しかし、何よりもの謎は、老人と孫が語る「最期のとき」にすれ違いがあること。それはいったい……
謎解きそのものは、純粋なハウダニット。ただし、終わってみると、なぜ、その動機の方が印象に残る。老人にとって、ある意味では因果応報。しかし……そんな部分も含めて。ただ、終盤の孫による社会問題語りはちょっと冗長にも思えた。
そして、おそらくは表題作である3編目。幼いころから人と関わるのが苦手であった浪人生。母が死に、一人暮らしで生活する彼の前に現れたのは、小学生時代の同級生。ちょっと怖いところもあったが、人と関わりたがらない、という彼に共感も覚えていたのだが……
こちらも犯人はほぼ明らか。では、何のために? そういう点では1編目と似ているのだけど、「なぜ」の質が異なる、とでもいうんだろうか。1編目はある程度、こうだろう、というのがわかるのに対し、こちらは文字通り「なぜ、事件を起こしたのか」に焦点が当たる。そして、再会してからのやり取りの中から見つけ出したのは……。犯罪者と一般人を隔てる薄いが、しかし、大きな壁。主人公の感じていた共感は本当だったのか? その部分が印象に残った。
純粋に犯人は誰か? という点でいえば過去2作と比べてわかりやすい。しかし、「動機」という部分をテーマに色々とカラーを見せる辺りに著者のうまさを感じた。

No.4937

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  閻魔堂沙羅の推理奇譚 業火のワイダニット
  • 閻魔堂沙羅の推理奇譚 業火のワイダニット 著:木元 哉多  発行元(出版): 講談社(タイガ文庫) ≪あらすじ≫ 「僕を殺したのは、たった一人の友だちなのか?」天涯孤独の土田は大学受験を前に、友人の夏目の家で焼死した。夏目は酷薄で人を殺してもおかしくない人間だ。僕には生きる目的もないし死んでやってもいい。でも、僕を殺した理由はなんだ?死亡した土田の前に現れたのは、閻魔大...
  • 2019.03.20 (Wed) 21:58 | 刹那的虹色世界