fc2ブログ

(書評)救世主だった僕が三千年後の世界で土を掘る理由

著者;有丈ほえる



天空から飛来した侵略者・アルデヒトにより、人間の大地は蹂躙された。人々は、生きた機械・クチュールマタを投入し、それに対抗するが、徐々に劣勢へと追い込まれていた。そのような中、救世主と呼ばれたクチュールマタの少年・リュトは、調整のためにコールドスリープに入るのだが、再起動したとき、そこは三千年後の世界。しかも、世界そのものの様相が一変していて……
うん、面白かった。
物語は冒頭に書いたように、侵略者に対する切り札として期待されていたリュトが目覚めると三千年後の世界。当時とは違い、地上はヘドロで覆われ、リュトの知っている人類は絶滅。代わりに侵略者であるアルデヒトが「地球人」として巨大な樹木に家を作り暮らす、という世界。リュトは、自分を発掘した考古学者のアイル、ニナの元、彼女らの発掘作業を手伝うことにする。
この作品、上手いな、と思ったのは作品の雰囲気の移り変わりを世界観とかをしっかりとさせることで無理なく転換させているな、という部分。
まず、前半は何か、のんびりというか、ほのぼの、というか、そんな感じの話。実際に、何か、道具らしきものが発見された。金属でできていて、可動域があるようだ。そして、口のようなものがある……で、それを資料などから「爪切り」だったんだ! ということを発見する、みたいな感じで。また、学校の教科書が古代文字解読の重要なテキストになってる、とか「何かありそう」って感じるし。
そんな中で、リュト自身は、その「古代」を知っているわけだけど、逆に現在がなぜこうなのかわからない。そもそも、敵対しているはずのアルデヒドと……という気持ちもないではない。でも、屈託なく受け入れてくれているアイル、ニナが大好き、というのも間違いなくて……
そんな前半から、後半になると雰囲気がガラッと転換。地球がこうなってしまった理由。人間が行った愚行。過去、リュトとともにいたクチュールマタの現状……。かなりハードな雰囲気に。でも、そもそもの世界観がこうだ、ということで作りこまれているから気にならないし、いろいろと絶望しかけたリュトが踏みとどまることができたのは間違いなく前半のほのぼのとしたエピソードの積み重ねの結果。なぜ、リュトが選ばれたのか、そういうのも含めて、世界観の謎がすべて回収されているのは見事の一言。
人間だろうと、アルデヒトだろうと、信頼できる人はいる。できない人もいる。そのような中で、しっかりと芯のある、アイルとニナに拾われたというリュトの幸運さ、みたいなものも感じる。

No.4938

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0