FC2ブログ

(書評)朝比奈うさぎの謎解き錬愛術

著者:柾木政宗



著名な探偵だった父の後を継ぎ、探偵事務所を営む迅人。腕が悪いのか、客があまりいないことも悩みではあるのだが、それ以上に悩んでいることがある。それは、ストーカーの存在。凄く可愛い少女・朝比奈うさぎにいつも付きまとわれているのだ。しかし、そんな彼女は、「迅人は私が好き」というのを証明するときにだけ、驚異的な推理力を発揮するので、行く先々で出会う事件でも副産物的に犯人が判明してしまい……
という形で綴られる連作短編集。まぁ、一応、最終的にすべてが繋がるので、長編と言えばそうなのだが。
著者のデビュー作である『NO推理、NO探偵?』でも、アイとユウの掛け合いなどが印象的ではあった。ただ、その作品は、どちらかというとメタネタと、ミステリのアレコレを茶化してやろう、的な部分が強く、多少、スベっていた感じがしたのだけど、本作の場合、ちゃんとミステリとしての理屈などはしっかりとさせた結果、コメディ要素たっぷりのミステリとして楽しめた、というのがまず思ったこと。
まぁ、とにかく、ヒロインのうさぎが、色々とヤバい。冒頭に書いた通り、見た目は可愛いのだけど、ストーカー。いつの間にか合鍵を作り、部屋に侵入してくるのは当然。全て、「迅人は自分のことが好き」を前提に行動し、否定的な言葉も照れ隠しとポジティヴに解釈。そして、どこかへ出かけようとも、いつもついてくる。そして、姉で刑事の弥生は、なぜかうさぎのことを気に入っている。一方で、主人公の迅人は「もたれ」体質(疑惑などを持たれやすい) なので、やりとりとかが、完全に巻き込まれ型主人公のコメディという感じになっている。そして、その事件の中、迅人が犯人扱いされるのだけど、うさぎの論理的な、しかし、最後は明後日の方向に行ってしまう推理がヒントとなって解決する、というパターンも嫌いじゃない。
隙なのは1編目かな? 山荘で起こった殺人事件。ヒントとなるのは遺体の奇妙な状況と、落ちていたガム、そして、唾液。それはどういう状況で起きたのか? 結構、まだ1編目ということで、どういう方向で行くのかな、というのもあり、ちゃんと本格モノをやってくれていた、という点でも印象に残った。

No.4960

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト



COMMENT 0