FC2ブログ

雨の鎮魂歌

著者:沢村鐵



北の小さな田舎町。中学校の生徒会長・一村が遺体で発見された。警察の捜査が難航する中、同級生である徹也は、友人の古館の様子がおかしいことに気づく。一村の遺体発見現場で、大男に襲い掛かる古館。彼を追う中、今度は教師である清水の遺体が発見されて……
解説でも書かれているのだけど、物語のフォーマットとしては、ミステリ。しかし、その中身はむしろ、思春期を迎える中での人間関係の変化とか、そういうものを主題にした物語と言える。
と言いつつ、そのミステリとしての部分。一村は誰に殺されたのか? 教師である清水は? そして、なぜ古館は、大男に襲い掛かったのか? 大男は何者なのか? そして、古館は何を隠しているのか? そんな謎がちりばめられる。
ただ、それを物語の推進力にして描かれるのは、中学生になっての人間関係の変化。
近隣でも「荒れた」学校として有名になってしまっている中学。その中で、不良グループと対立をしていた一村。そんな一村や、古館を含めたグループとして付き合いがあった徹也。それぞれ、苦手な存在がいながらも一緒であった面々。徹也は、そんなグループにいた路子に思いを寄せていた。しかし、一緒にいた関係は崩れ、一村、古館は生徒会に。そして、路子もまた……。
想い人を古館に奪われてしまった、という想い。その一方で、古館が何を隠しているのかわからない、というもどかしさと、そこから生じる彼への疑惑。そんなものが、過去の出来事などを振り返りながら描かれていく。
とにかく、そもそもが「荒れた」学校である、という状況での閉塞感。そして、その中で描かれる徹也たちのグループの変遷。それが陰惨な事件と結びつけられていくため、読んでいて、何とも重い雰囲気が常に漂う。「青春モノ」というと、どちらかというと恋愛とかの明るい、はたまた、ちょっと切ない、というような作品が多い印象があるのだけど、この作品の場合、それとは正反対。ただ、自分自身、通っていた中学が近隣でも有名な「荒れた」学校であったこともあるのだけど、ただ、人間関係が変化する以上の、その状況への苛立ちとか、そういうものに共感することが出来た。
事件そのものも陰鬱で、全体を通せば暗い話。しかし、ラストシーンで描かれるのは、その中でのちょっとした光、ということになるのだろう。

No.4973

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0