FC2ブログ

法廷の王様 弁護士・霧島連次郎

著者:間宮夏生



傲岸不遜にして毒舌。しかし、一旦、法廷に立てば負けなし。「法廷の王様」との異名を持つ弁護士・霧島に入ったのは、ストーカー殺人で起訴された青年の弁護の依頼。ドライブレコーダーに事件の瞬間が録画され、青年は犯行を自白。直感的に無罪と思いながらも、とある事情から、受けることを渋る霧島だったが、上司の命により、新人弁護士・雨宮と共に受けることになってしまい……
法廷ミステリ……のように見せて、あまり法廷ミステリっぽさがなかったり……
物語の導入は冒頭に書いた通り。事件は、ストーカー殺人で少女が殺害され、一人の青年が逮捕された。逮捕された青年は、少女の義理の兄であり、両親の離婚によって離れ離れになっていた。そして、境遇の違いなどから逆恨みして……というストーリー。そして、過去、兄が妹に大けがをさせた、という事件もあった……。そんな中、霧島が覚えた違和感は、「状況が揃いすぎていること」。そこからスタートして、心を閉ざした被疑者の説得。さらに、兄弟の周囲の状況の聞き込み……
と流れ自体は、法廷ミステリと言えると思う。ただ、この作品のある意味での特徴というと……
法廷シーンが始まる前に、犯人がバレバレという点。一応、犯人の名前そのものは伏せられているのだけど、法廷に入る前に決定的な証拠が明らかにされるため。そして、法廷シーンでは犯人がわかっていることを前提に霧島の演説が描かれるのみ。つまり、検察官とのやり取りとか、そういう部分が全くない。そのため、どうにも法廷ミステリとして見た場合、肩透かし、という印象になった。
その一方で、掘り下げられていたのが、なぜ、霧島は事件に乗り気ではないのか? 妹との関係。過去の事件。そして、無罪と直感しつつも、逮捕された青年に対して隠さない嫌悪感。そういうものに大分、尺をとっている。どちらかというと、そちらがメインなのかな? という感じがする。
正直なところ、もうちょっと霧島の過去と目の前の事件が結びつくとか、そういうのがあってよかったかな? と。双方がバラバラで、しかも、題材からして期待した法廷での駆け引きとか、そういうのがほとんどなかったのは残念、と言わざるを得ない。

No.4995

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。
スポンサーサイト



COMMENT 0