FC2ブログ

ひとつむぎの手

著者:知念実希人



大学病院で多忙な日々を送る平良祐介は、医局の教授・赤石から、3人の研修医の指導を命じられる。もし、3人中、2人を医局に入らせることが出来れば、心臓外科手術の多い病院へ、失敗すれば沖縄の関連病院へ、という天秤の上で……。希望が通れば、心臓外科医としての道が開ける、とそれに取り組むこととなるが……
一応、『祈りのカルテ』ともちょっと関係のある物語。とはいえ、そちらの主人公である諏訪野が物語に出てくる、というだけで、そちらを未読でも、全く問題はないのだが。
まず思ったのが、著者もこういう話を書くのか、ということ。というのは、一応、3人の研修医の指導をせよ、という命が下り、その中で……というエピソードなどを入れているのだが、その背景として病院内での権力闘争とか、そういうものの影が見え隠れするから。この手の話って、『白い巨塔』とかが代表するように多く描かれているわけだけど、著者は、天久鷹央シリーズとかのように、ちょっとそこから外れている話を書くイメージを持っており、そこをメインにした話、というのが意外だった。
冒頭の粗筋に書いたように、主人公の祐介は、一流の心臓外科医になるのだ、というのを目標にしている存在。そのために、多忙な医局での仕事にも懸命に取り組んでいる。そこで与えられたのが、研修医の指導をし、医局入りさせよ、というもの。当然、多忙ながらも、それに取り組むわけだが、しかし、今度は、教授の赤石の論文不正疑惑が出てきて、その調査まで命じられることに……
作中でも描かれているように、祐介って、凄く真面目な人間。心臓外科医を目指している。しかし、じゃあ、それ以外が関係ないのか、と言えば、そんなことはなく、普通の手術・診察などにも手を抜かないし、その予後にも……。だが、それが余計に多忙さを招き入れてもいる。さらに、赤石の親族で、出向を巡ってのライバルであり、後輩の針谷との微妙な関係であるとか、赤石の腰巾着ながら、赤石のスキャンダルで距離を取り始める医局長・肥後とのやりとり。中盤くらいまでは、研修医たちの指導。その中でのアレコレがあり、物語のメインとは言えないのだろうけど、真面目で誠実だけど、でも、いや、だからこそ、がんじがらめにされていく祐介の疲労感というのが強く印象に残る。
そして、その苦労の末の、出向先決定……これもまた……
こういう作品、例えば、久坂部羊氏の作品とかだと、ある意味ではシニカル、ユーモラスな形で終わるのだけど、ちゃんとそれまでの祐介の苦悩、そして、行動の端々に感じられる誠実さというのを回収していくのが、著者の魅力なのだと思う。先に書いたように、非常にまじめで誠実。そんな祐介に降りかかる医局の権力争い。祐介自身も、その中で、自分の希望へ、という欲があるし、下心もある。だが……。その中で、研修医たちが下した決断は……。
ちょっと祐介が聖人すぎないか? と思ったところはある。でも、元来の真面目さ、誠実さ。それが自分の力なのだ、と気付き、決断をする。その過程に説得力があり、読後感は凄くよい。そこに気づくまでの物語、ということになるのだろう。
祐介自身の設定とかで、ちょっと唐突と感じた部分とかもあった。でも、そのことと関係なしに、祐介の成長物語として楽しめた。

No.5015

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0