FC2ブログ

クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間 First Step

著者:桐刻



無気力な日々を送るフリーターの克樹は、「拾ってください」という札を掲げて佇んでいる少女・麻友を拾う。面倒と思いつつも、犯罪に巻き込まれることを危惧し、1週間限定で寝泊りを許可することに。家出の経緯などを一切語らない彼女だったが……
元々、電子書籍の官能小説レーベルであるオシリス文庫で発表されていた作品らしい。
なるほど、妙に行為のシーンが詳細に描写されているわけだ!
まぁ、もっとも、ジュブナイルポルノなどの作品のように、行為ありきで物語が進むのはなく、ちゃんと物語的に意味がある、という点ではストーリーメインであるのは確か。まぁ、露出プレイとかしているけどな!
ともかく、物語としては、前半が麻友についての物語。そして、後半が克樹について、ということだろうか。
冒頭に書いたように、自分がなぜ、家出をしたのか、という点については口をつぐむ麻友。しかし、家事などをしてくれる麻友と流されるように関係を結ぶことになる。そして、その日常の中で見え隠れする麻友の抱えているものが判明し……。そこからが、この物語のメインなのかな?
どうしようもない家庭環境にいた麻友。そして、思い出すのが自分自身のこと。受験のため。そんな言い訳をして、自分の家庭における危機的状況について、見て見ぬ振りをしてきた。そして……。それまで、身体を重ねていた麻友。再び、それをしてしまうのは、同じような状況にある者同士が傷をなめ合っているだけ。そう思い、距離を置いていくのだが……
この辺りの関係性。ある意味の潔癖性とでもいうか(その前は、どーなんだ、というツッコミは禁止)、そういうものは色々と考えさせるものがある。そして、そんな克樹が気づくもの……
純粋に一般向け、とするのであれば、性描写などを薄くして、その分、克樹、麻友と、その家庭環境などに分量を入れるなどした方が、という感じがないではない。そういう意味で、元々が……と思う部分があったのは確か。ただ、それでも、ストーリー性として読ませる部分が十分にあるのは確かだ。

No.5017

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0