FC2ブログ

探偵は教室にいない

著者:川澄浩平



札幌の中学校に通う少女・海砂真史。バスケ部でも活躍する彼女の机にある日、ラブレターが入っていた。しかし、それはワープロ書きで、しかも、署名もなし。一体、この手紙をくれたのは誰なのか? そんなことに疑問を覚えた真史は、幼馴染であり、現在は中学に行っていない、という歩に相談することにする……(『Love letter from...』)
など、全4編を収録した連作短編集。
第28回鮎川哲也賞受賞作。
ここ数年の鮎川賞受賞作は、長編で、しかも独特の世界観だったり、という作品が多かったのだが、本作は日常の謎タイプの短編集。そういう意味で、小粒な作風である、という風には言える。
ただ、主人公が中学生、ということもあり、その身の丈にあった謎という意味ではバランスが保たれているのかな? と。某にも書いた1編目。ラブレターの差出人は誰なのか? ラブレターが置かれたのは、真史の机の中。タイミングは、体育の前の着替えの時。男子は教室で、女子は更衣室で。そして、文章の中身は……。この可能性そのものは、メタ的に見てあるんじゃないか、と思っていたのだけど、「多分、この人。でも……?」というちょっともやもやの残る結末が印象的。
中学生らしさ、というのが一番活きているのは3編目の『バースデイ』かな? 別の学校に彼女がいて、いつものろけている総士。今日も真史らといつもと変わらない日常を送っていたのだが、真史の前に現れたその「彼女」は、総士があってくれない、という。それは? これも、謎そのものはちょっとしたことではある。でも、大人であれば、簡単にできることが、中学生には……。そんな中学生という立場だからこその、真相というのが好き。
最終章はちょっと作品のカラーが異なり、主人公であるはずの真史が家出の末に行方不明に。そして、歩が、それを探すことに……、という変則的な形。そこまで出てきた真史の友人たちが、半ば、強引に歩を動かしたりすると辺りにはちょっと笑ってしまった。そして、その結末……。ここで何かあるのかな? と思ったら、え、それで終わり? という感じ。何というか、この人間関係って、先が色々とありそう。それだけに、続編とかにも期待して良いのかな? と思わせてくれるのだが……
全体的にライトな作風。それだけに、肩肘張らずに楽しめる、という風にも言えるのだろう。

No.5019

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0