FC2ブログ

左遷捜査 法の壁

著者:翔田寛



警視庁捜査一課に配属されたばかりの目崎。そんな彼の指導役として任命されたのはベテラン刑事の棟方。過去に、棟方の下について、刑事をやめた者がいる、という状況の中、石神井公園で一人の男が殺害される。被害者は、少年時代に、強姦殺人を犯した過去を持つ男で……
正直なところ、タイトルの『左遷捜査』というのがピンと来なかった。
冒頭でも書いたように、主人公である目崎の指導係になったのは、過去、自分の下に配属された若手が刑事をやめた(一人は、別への配属先へ異動願を、もう一人は警察官そのものを辞職)という実績(?)を持つ棟方。「自分で考えろ」が口癖で、しかも、上司の指示などを無視して独断専行の形で捜査をする、という存在。
まぁ、確かに、指導役としては色々と問題があるだろうし、それで、というのはあるかも知れない。ただ……
ミステリ小説を読み慣れている身としては、ぶっちゃけ、「ごくごく普通」くらいにしか感じないんだよな。独断専行、というか、一匹狼というか、ある意味、自分勝手なベテラン刑事とコンビを組むことになって、その行動に振り回されながらも、そのノウハウを学び……、っていうのは、バディものの警察小説、ミステリ小説の定番中の定番だろう、という風に感じるため。作中で、棟方はかつては、優秀な刑事だったが、最愛の息子を喪って以降……みたいなものとかがあるのだけど、過去、彼の下についた刑事がどういう経緯で、とか、そういうのがないため、タイトルにある「左遷」云々があまり感じられなかった。粗筋によると、シリーズ化前提のようなので、今後、そういうところが掘り下げられるのかもしれないが。
と、長々と前置きのような文言を書き連ねてしまったのだけど、物語そのものはなかなか面白い。事件のあらましは冒頭に書いた通り。被害者は、かつて、強姦殺人事件を起こし少年院に長らく入っていた人物。少年院を出た後、就職はしたものの、長続きせずに仕事をやめ、縁もゆかりもない石神井公園付近に住み着いた。仕事をしている様子はない。しかし、毎日のようにお気に入りの店員の要る居酒屋へ通いつめ、腕には高級な腕時計を……。一方、その男に娘を殺された父は、ネット上で、過激な発言を繰り返していた。その父には、当日のアリバイはなく、彼が犯人だという見方が強まるのだが……
被害者にあった2つの傷。殺しのプロというわけではない(であろう)犯人が、そんなに簡単に殺人を出来るだろうか? そして、そもそも、仕事をしている様子のない被害者の金回りはなぜ良かったのか? そんな疑問にこたえるべく、丹念に聞き込みを続けていく、という流れながら、テンポよく進んでいく物語に引き込まれた。そして、一つの事件に関わったことで、人生がくるってしまった人々……。
一つ一つの要素は決して目新しいものではないのだけど、地味な捜査を、テンポよく、引き込むような形で描いたのは著者の腕、だろう。

No.5026

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0