FC2ブログ

君死にたもう流星群

著者:松山剛



2022年12月11日。それは、平野大地にとって決して忘れられない日。軌道上の人工衛星が全て落下し、大気圏で光の粒として消えていった。「世界一美しいテロ」と言われたそれは、犠牲者を出さなかったとされたが、その日、一人の女性の命が失われた。失意の中にいる大地は、彼女・天野河星乃の遺品整理の中、タイムスリップをして……
色々と話題になっていた作品で、実は発売日に購入し、しかも、既に3巻まで入手しているので、今更ながら読んでみた。
うん……これ、自分みたいなおっさんの方が突き刺さるのかも(笑)
とにかく、序盤は主人公・大地のどん底生活が痛い。昔から「コスパ」を重視し、要領よく立ち回っていた大地。「当時から夢が足りない」と言われても、ピンと来なかった。だが、星乃の死。そして、現状……。ただ惰性で生きるだけの日々。その中で、自分よりも下と見ていた同級生との差が出来ていて……。勿論、誰にでもあることなのだろうけど、自らの思い描いていた人生設計から外れてしまった絶望感とか、そういうのって、ある程度、年齢が行った人間の方が突き刺さるんじゃないだろうか? Amazonとかのレビューを読んでいると、前半が苦痛とあるんだけど、むしろ、自分としては前半の苦しさが突き刺さりまくっていたりする。
そして、その中でのタイムスリップ。高校時代、星乃とまだ出会っていないところへと戻り……
ここからは、言い方は悪いけど、結構、オーソドックスなタイムスリップものの流れになるのかな? 星乃を死なせないために……という形になっていくわけだけど、根本的なコスパという考え方そのものは変わらない。でも……
自分が行動をすることで、未来が変わってしまうのではないか? というタイムパラドクスへの疑問とかを抱きつつも、しかし、思わず動いてしまう。一方で、過去を知っているはずなのに、星乃という存在を思い出すが故に封印し見て見ぬ振りをしてしまっていることもある。こういう作品だと、「やり直す」として、妙に熱血している作品とかもあるんだけど(勿論、それが悪いわけではない)、この作品に関していえば、前半、とことん傷ついた主人公を描いていることによって、この人間臭さに説得力を与えているのだろう。
そのタイムパラドクスがどうなるのか? とか、過去を知ると血の涙が……とか、色々と改名されていない部分も多いだけに、続巻でそういうところがどうなっていくのか、というのも注目しながら読みたいと思う。

No.5036

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0