FC2ブログ

15歳のテロリスト

著者:松村涼哉



「すべて吹き飛んでしまえ」 WEB上で発表された犯行予告の直後、新宿駅は爆破された。配信をした容疑者は、15歳の少年・渡辺篤人。彼の犯行は世間を震撼させた。少年犯罪を専門に扱う記者・安藤は、そんな彼を知っていた。少年犯罪についての勉強会で知り合った孤独な少年。事件などとは程遠い印象を印象を与えた篤人が、なぜ凶行に? 安藤は、彼を追うが……
まず言う。本作は、非常に優れた社会派ミステリである! と。
いまさら言うのも何だけど、私は著者のデビュー作を読んだときに、「これは、一般小説として出しても、十分に通用するのではないか」というような感想を書いた。で、電撃文庫ではなく、メディアワークス文庫で刊行された本作。その期待に存分に応えてくれた。
物語は、主人公の安藤が、爆破テロ実行をWEB上で宣言した少年・篤人を追う。その間に、篤人自身の視点での話が挿入される形で展開。
安藤自身が、かつて、恋人を少年犯罪によって喪った過去がある。しかし、加害者が数年で戻ってきたことに憤り、そんな少年の現在を報じたことすらある。そして、篤人もまた……。
最初は、少年犯罪が発生した時に起こる「被害者側」の理不尽さ。加害者は、法律によって守られる。しかし、被害者や遺族は? マスコミによる執拗な被害者への取材。その中でさらし者にされていく。その間に加害者は……。だが、事件を追う中で。篤人は篤人で復讐のために接近した加害者家族の姿を見る中で、それだけでないことが明らかになっていく。しかし、だとすれば、ますます篤人の行動は不可解になっていく。そのカギを握るのは、篤人の家族を奪った存在を、さらに影から操っていた存在……
少年犯罪、少年法というものを題材にした作品というのは沢山あるけど、被害者側の憤りとか、加害者の更生とか、ある意味、一方的というか、綺麗事では? と思えるようなものもある。この作品の場合、その辺のバランス感覚が上手い。例えば、加害者の更生について、加害者自身、決して「心を入れ替えた」というわけではない。でも、就職をし、一応の平穏は保っていた。作中で言われるように、「非常に身勝手」であることは間違いない。これを「更生」か? と言われれば……。でも、少年法などで守られることが、事件を防いでいた、ということもまた間違いのないことで……。その辺りをしっかりと描いているのは好印象。
まぁ、事件の真相。黒幕の動機、行動は流石に無理がないか? と思える部分がないではない。確かに、作中では巧妙に姿を隠して……となっているわけだけど、ちょっとしたことで破綻しそうな計画だし。そこは引っかかった。
でも、それ以上に社会問題などについて、非常に掘り下げられており、しかも、話の捻り方でも読ませる。面白かった。

No.5070

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0