FC2ブログ

ひげを剃る。そして、女子高生を拾う2

著者:しめさば



ヤケ酒の帰り道に拾った家出少女・沙優。彼女との微妙な生活にも慣れてきたある日、吉田は沙優から「お願い」を切り出される。「バイトをさせてください!」「いいぞ」「いいぞって! ……え、いいの?」 遠慮ばかりだった沙優が「やりたいこと」を教えてくれたことがうれしい吉田だったが……
2巻目で、大分、人間関係が変わってきた、という感じ。
1巻は、沙優を拾い、住まわせてやる、ということで、そのことを周囲には隠しての状況。しかし、今回は、沙優がバイトを始めたことで、そのバイト先の先輩・あさみに関係がまずバレる。さらに、そのバイト先には、沙優がかつて、関係を持った男も……。また、出会うきっかけとなった吉田の先輩・後藤さんの本心も露わになり、挙句、その後藤さんも沙優のことを知り……
よく通報されないな!
……と思ってしまう自分は、きっと、心が汚れている(笑)
ともかく、吉田が、沙優をかくまっている、ということが周囲に明らかになる。その中で、その周囲の面々が保証するのは、吉田は凄くよい人間だ、ということ。そのこと自体は、これまでも沙優はわかっていた。だからこそ、バイトを、というお願いも出来たし、そこでのトラブルから守ってもらったりもした。だからこそ、周囲からの「このままではいられない」というアドバイスもまた事実としてのしかかる。
しかも、実は後藤も、吉田のことが好きだ、ということが判明。そういう意味では、完全に邪魔者でもある。吉田は、今はこのままで……と言ってくれるが……
この辺りって、自暴自棄というか、全く余裕がなかったことから脱することができたからこそ、なんだよね。ただ、そのことは、現状を変えねばならない、ということと裏返しでもある。そういうところを考えても、1巻のときと、明らかに変わった人間関係。その中で、心を取り戻しつつある沙優。この関係性そのものの終わり、というのも見え隠れ。まだまだ、沙優自身の事情が明らかになっていないのだけど、どういう結末を迎えるのか、というのが楽しみのような怖いような。
ともかく、なるべく早めに3巻も読まねば……

No.5073

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0