FC2ブログ

僕は何度も生まれ変わる2

著者:十文字青



現代日本で29歳で死んだ僕。生まれ変わった異世界では、同じ顔をした女に、毎回18歳で殺された。呪いのような生と死の螺旋。5度目の人生、魔王の庶子ロワとして生まれた僕は、暴虐無動の帝国に対する連合軍の指揮官となる。家族、友、仲間……彼らを守るため、大反抗作戦が開始され……
やっぱり、こうなるか!
物語としては、文字通りの戦記もの、と言った印象。
「絶対種」としての人間による国家・帝国。巨人族、魔族……など、亜人たちを支配し、世界を席巻しようとする相手に対し、連合軍を結成する。奇しくも、殺害された「魔王」によって繋がれた縁もあり、それらが結集することが出来た。自分は、魔王の子。政略結婚で巨人族の元へ行ったが、しかし、愛する妻、信頼できる義兄たちに恵まれ、帝国に対する意思は固まった。
そしての開戦。
脆弱な身体ではあるが、しかし、類まれなる戦略もあり、戦いは善戦を続ける。だが、決して順風満帆とはいかず、少しずつ仲間も削られて行ってしまう。何よりも、自らの身体に感じる異変。そのような中で、ロワを国の代表へ、という意見も出始め、やがて、その決意も生まれてくるのだが……
著者の作品は何作か読んでいるだけに、そう上手くは行かない、というのはわかっていたし、何よりも作品の主題が主題だけに……。それはわかっていたはず。でも、この終わり方は何とも衝撃的。そして、それで終わりではない、ということもまた……
戦記モノ、という作風で進みながらも、それで終わらずに、というこの物語が一体、どういう風に進んでいくのか、ますます混迷を増してきた気がする。最終章での、また新たな物語の開幕。今度の立場は……。戦記モノだという形で続いた物語が、今度はどこへ転がるのか、早いところ、3巻目が出てくれることを期待したい。
……というか……
このループって、もしかして……
主人公が卒業したら途切れるの? とか、ふと思ったのは秘密。

No.5083

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0