FC2ブログ

監禁面接

著者:ピエール・ルメートル
翻訳:橘明美



リストラで職を追われ、失業4年目のアラン、57歳。再就職を目指すも、年齢を理由にはねられ続け、最低ランクのバイトで糊口をしのぐ日々。そんなとき、大企業の最終試験まで残る、という僥倖が! だが、その最終試験の課題は、就職先企業の重役会議を襲撃し、彼らを監禁、尋問せよ、というもので……
著者の作品はカミーユ刑事シリーズで知ったのだけど、それとはまた違ったノンシリーズの作品。
物語は、その事件が始まるまでの「それまえ」。最終試験でのことを描いた「そのとき」。そして、事件後を描く「そのあと」の3部構成。「そのまえ」「そのあと」はアランの視点で、「そのとき」だけは試験を担当する警備会社社長・フォンタナの視点で綴られていく。
何と言うか……主人公・アランの悲哀、とでも言うべきものを感じざるを得ない。
ある意味では、誰にでもできる「最低の職場」でバイト生活を続けるアラン。最低の職場だからこそ、その中で上の立場となった 偉そうにふるまい、そこで働く者たちは、糊口をしのぐ手段を失わないために我慢をし続ける。そんな時に、降って湧いた再就職のチャンス。一方で、職場では我慢の限界がきて、その上役に反抗してしまう。結果として、バイトすら失い、相手の治療費やらまでをも請求されることに。そんな中、そのことを妻子に言えないアランは、嘘を重ねていって……
第1部。序盤まではアランの気持ち、というのは共感できたのだけど、だんだんとアランが暴走していく様、というのが読んでいて痛々しい。最終試験の内容に、「辞めた方が良い」という妻。しかし、バイトすらを失ったアランには後はない。とにかく、これをどうにかするしかない! 嘘に嘘を重ね、しかも、娘が家を購入する資金すらをも半ば奪って、相手の情報を収集し、そして……
第2部で、全てに絶望しているかに見えたアランが何を行ったのか、という表面的なものが見え、そして、逮捕された後の第3部……
最初は、テロを模したもの、としての事件と思われたアランの行動に、裏の目的があった、ということが明らかになってくる。しかも、表の目的である、「職を失った中高年の怒り」というテーマで世間の注目を浴びて、一躍ヒーローになりながら、裏では……。表向きの行動を装い、裏の目的を悟られないよう、弁護士である娘に弁護を頼む。無論、それすらも計算の上。だが、その真相を見破ったフォンタナや、相手企業トップの魔の手も迫る。そのスリリングさ、というのは特筆すべきものがある。
事件の引き金となったのは、アランの、後がない状態からの怒り、というのがあるのだろう。ただ、その味付けとなっているのは、素直に自分のことを言えず、嘘を重ねていくアランの姿。自分が手に入れた自分の城を守りたい。妻や、娘に金を残してあげたい。しかし、自分の目的を明かすわけには行かない。そうして嘘に嘘を重ねていき……。最終的に、ある程度、目的は達成することが出来た。しかし、守るはずだった家族との絆は……。
ある意味では自業自得の結果。でも、その悲哀さ、というのが印象に残る。

No.5136

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0