FC2ブログ

破滅の刑死者 内閣情報調査室「特務捜査」部門CIRO-S

著者:吹井賢



ある怪事件とともに、国家機密ファイルも消えた。唯一の手掛かりは、事件現場で目撃した大学生・戻橋トウヤだけ。内閣情報操作室に設置された「特務捜査」部門の新米捜査官の球子はトウヤに接触をする。そして、彼の協力を得て、ファイルの捜査に当たることになるのだが……
第25回電撃小説大賞・メディアワークス文庫賞受賞作。
物語としては、特殊能力が使える存在が世の中におり、その特殊能力による事件を捜査する部署に配属された珠子が、トウヤと共に……という形。そして、どうやら、トウヤ自身も何らかの特殊能力を持っているらしい、ということがわかるのだが……
物語の最後にひっくり返しはあるし、また、そこに至るまでの中には帯にも書かれたトリックというのも存在はしている。しているのだけど、どちらかというと、トウヤというキャラクターの強烈さ、というのが印象に残ったかな?
敵となるのは、犯罪者組織であるフォウォレ。そのボスであり、「悪しき眼の王」と呼ばれるウィリアム・ブラックという男。その情報を手に入れるために、違法賭博組織のリーダーだったりと、勝負を繰り広げていくことになる。しかし、そのたびにトウヤは……。
とにかく、トウヤのやることなすことが無茶苦茶。しかも、その無茶苦茶っていうのは、例えば、笑いに走る、とか、そういうことではなくて、文字通りに「無茶」をする。自分の命などどうでもよい、とばかりに命を危険にさらす行為を取るし、命とはいかなくとも、指を落す、とか、そういうレベルでの無茶は日常茶飯事。そのことについて、珠子はやめるように言うのだけど全く取り合わない。そして、そんなトウヤだからこそ、どうしても放っておけなくて……という関係性になっていく。正直なところ、ブラックとの対決を終えたあとの珠子とトウヤのやりとりは、そんな関係のある意味では究極形といえるんじゃないだろうか?
そして、そこからのひっくり返し……。まぁ、確かに、トウヤの言う通り、なんだよね。その中での珠子の決断というのも考えると、「正義」という言葉で自分を奮い立たせていた珠子の成長物語だった、ということになるのかな?

No.5147

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0