FC2ブログ

BUG 広域警察極秘捜査班

著者:福田和代



乗客乗員合わせて560名が死亡した航空機墜落事故。その事故を引き起こしたとして、16歳の少年・水城陸は逮捕され、死刑判決を受けた。冤罪であるにも関わらず。それから10年。陸は、その高いハッキング能力を買われ、命と引き換えに国家を超えて捜査をする広域警察の極秘捜査班、通称「BUG」に加わることになる。ところが、最初に命じられたのは老数学者の身辺調査。その老数学者は、陸が犯人とされる墜落事故で死亡した、とされる人物で……
冒頭の通りに物語は始まるわけだけど、最初に言えるのは、陸自身は決して、自由の身になったわけではない、ということ。水城陸は、死刑が執行された、とされ、本人は、別の身分を手に入れてBUGに。だが、身の自由はなく、常に監視された状態。監視をする警察官・蛯名、永瀬は厳しい視線を浴びせている。そして、同じくBUGのメンバーもまた、同じような境遇にいるようで……
スリリングさ、という意味では文句なし!
ターゲットとなった老数学者は、自分が起こした、とされる事故で死亡したとされる人物。そのことで、数学者を調べ始めるのだが、個人的な接触の中で、その数学者は、事故は自分を殺害する目的で起こされたものであること。そして、陸の逮捕に絶望して自殺した、とされる陸の父は、長瀬に殺害された、ということを告げる。父と学生来の友人である長瀬は敵なのか?
実際問題として、自分の置かれた状況は最悪と言える。長瀬自身も陰で蛯名と共に、自分に対して酷い物言いをしている。そもそも、老教授の言葉には惹かれるが、それは正しいのか? そもそも、どちらが敵で、どちらが味方なのか? しかも、BUGの中にスパイもいるようだ。何が正しくて、何が嘘なのか? そして、誰が味方で、誰が敵なのか? という中で右往左往していくスリリングさは間違いなく面白い。
ただ、何と言うか……終わってみると、何だったのだろう? というところもあるのは確か。
老教授、世界的なIT業界の大物、さらには陸の父。そういった面々が目指しているもの。そして、それに対する長瀬らの行動の理由というのがイマイチよくわからない。なぜに、陸が生かされていたのか? とか、そういう部分については一応の説明はあるのだけど、そもそもの部分は……という感じなので。
そういう意味では「あれ?」という感じかな?

No.5148

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0