FC2ブログ

偽りの私達

著者:日部星花



「……なんで、今日が7月8日なんだよ」 土井修治が目覚めたとき、なぜか、日付は巻き戻っていた。7月17日、この日は衝撃的な一日だった……はずだった。なぜならば、クラス一の美少女・渡辺百香が怪談から転落し、死亡した日なのだから。なぜ、彼女は死亡したのか? 修治は調べ始めて……
第17回『このミス』大賞・隠し玉作品。
上手いなぁ……。何よりもそう思った。
物語は3章構成で、第1章は冒頭に書いたように、修治が過去に戻って、なぜ、百香が死亡したのか、というのを探る。そして、第2章はその修治と仲が良く、スクールカースト上位グループにおり、百香が死亡した原因とも思われる七瀬の状況を描く物語。そして、幕間を挟んで、第3章が死亡した百香の物語。
各章についての概要で「スクールカースト」なんていう言葉をつづったように、人間関係ドロドロ(笑)
学校内で、特別目立たず、そして、あまり周囲に関わらずに暮らしていた修治。だから、百香の死も、驚いたものの、何があったのかはわからなかった。しかし、時間が巻き戻された、ということは何かがあるはず。そんな思いから、過去とは違った形で行動を始める。そこでわかったのは、仲の良い七瀬が、恋人と別れていた、ということ。その原因は、恋人が百香と浮気をした、ということ。その結果、七瀬は……。だが、それすらも、学年の女王と言われる少女・瑠夏の策略で……。そこで、今度は2章に入り、その七瀬が百香、瑠夏の間で翻弄されていく様が描かれていく。そして、その終盤で思わぬことが判明して……
ここまで、この部分に触れてこなかったのだけど、この作品には「まほうつかい」という存在がある。この「まほうつかい」そのものが、一種の都市伝説のようなものであるのだが、それでも、その存在の影、というのは常に感じられ、さらに、その噂では細かな諸条件も存在している。そういうものが色々と発揮されての、百香の章では、それが文字通り、怒涛に回収されていく。物語そのものの仕掛けだとか、修治と七瀬の関係。そういうものが全て判明して、というのは見事の一言。
帯では、著者が17歳、というのが強調されているけど、そんなのどうでもいい。嫌な雰囲気で進む物語と、その中での怒涛のひっくり返しの迫力が凄まじかった、という凄さにすべて打ち消された。

No.5178

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

COMMENT 0