FC2ブログ

スーサイド少女

著者:衛元藤吾



立ち入り禁止の屋上を主な生息地にしているひねくれ者の因幡文。そんな彼の目の前で、屋上から飛び降り自殺をしようとし、やめた先輩・鈴鹿涼子を目撃する。死の間際にありながらも、何の色も示さない鈴鹿の瞳に興味を持った因幡は、いじめられていて、球体関節人形と因幡にしか心を開かない後輩・小刑部と共に鈴鹿のストーキングを始めるのだが……
講談社ラノベカップ優秀賞受賞作。
とにかく、登場人物がそれぞれ、ナチュラルにくるっている、というか、そんな印象を受ける。登場人物は最小限の3人なのだけど、それぞれがどうにも拗らせている、とでも言うか……
ヒロインにあたる鈴鹿は、いつも「死にたい」と思っている存在。一方で、小刑部は小さなころから酷いいじめを受けて、その状況をそのまま受け入れている存在。そして、因幡は、と言えば、ただ傍観者として周囲を見たい、という存在。なので、鈴鹿が死にたい、というのを止める気はないし、死ぬところを見たい、とすら言い放つ。さらに、後輩の小刑部が暴力などを受けているのを見ても助けたりはしない。
そんな3人の関係性。因幡と小刑部は、ただひたすらに鈴鹿にストーキングをする。そして、鈴鹿もまた、二人のことを知りながら、いないものとして過ごす。そんな日々が続く中で……
物語の大雑把な流れ、そして、その中でも終盤の部分については、そうなるだろうな、という感じだったし、ちょっと一足飛びに、という感じがした部分がないでもない。
その中で、個人的には、鈴鹿よりも、小刑部の方に感情移入する感じになっていった。酷いいじめを受け、もう、それを諦め、ただ受け入れているだけの彼女。そんな彼女が、因幡にだけは心を開いている、という時点で彼女の心にあるものというのは明らか。そして、因幡を助けるために、色々と智慧やら道具やらを貸して……。でも、それをすればするほど、因幡の心は鈴鹿へ。最低な学園生活。けれども、全てを諦めているわけじゃない。自己矛盾、そして、それだけの因幡がアプローチをしても、応えない鈴鹿への苛立ち。それが爆発して、という終盤の暴発はすごく分かる気がする。勿論、因幡の方も色々と問題があるのは確かなのだろうけど……
かなり特殊な設定のキャラクターばかりだし、人によって共感できる部分が異なる、っていうのは確かだと思う(共感できない、というのも含めて) その中で、個人的には、小刑部が印象的だった。

No.5207

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0